身長伸ばしたい!今すぐ実践できる3つのポイント

小さい頃から子どもはどんなだったでしょうか?母親が悩みところは昔からこの子はこうだったから仕方ない・・・。

身長が伸びるための悪影響をなおしみると、これまでの悩みが嘘のようにすぐに背が伸びて周りの同級生と同じくらいの背になれることもあります。

男子や女子など個人差も当然あると思いますが、今までの成長の遅れがうそのように大きく成長できるかもしれません。

大きくなると友達とガンガン遊ぶようになり、日々たくましくなっていく息子。体もすっかり大きくなってきて、これだとすぐに父親の背を追い越していくことでしょう。

身長の遺伝の影響は20~30%といわれています。
身長を伸ばすには遺伝以外の要素が大きい。
睡眠・運動・食事を変える!

背がなかなか伸びないと悩んでいるあなたは、まずは子供の生活リズムを見直してみませんか?

もっと積極的に生活を変えていくことが大切です。

でなければ、このまま変わらず背を伸ばせる可能性が少なくなってしまいます。

1.見直したい生活環境、睡眠時間は足りてますか?

子どもの早寝早起きは子どもの健康と成長に大きく関わっていくものです。

特に、子どもですから時間を気にせずに自分のやりたいように行動してしまいがち。

イラスト朝はきちんと同じ時間に起こしてあげて夜は早めに寝かせること。夜10時から深夜2時までに成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムとも言われます。

寝始めてから1時間程度経ったレム睡眠状態から約4時間がちょうどいいので、そんなに神経質になることはないでしょう。

ちなみに、お昼寝を1時間ぐらいしても、レム睡眠状態にならないのでホルモン分泌の期待は薄いです。

また、子どもの頃はよく寝返りをします。寝返りは体全体の機能をまんべんなく整えるためのとても大事な行動でもあります。

ぐっすり寝られるように高反発マットレスを敷いてあげて、寝返りが楽にできるようになればベター。

睡眠時間は成長ホルモン分泌がさかんに行われ大事な時間です。成長期には、レム睡眠状態を快適にとれるような生活リズムを工夫してみてください。成長ホルモン分泌がさかんに行われれば身長の伸びにもよくなるでしょう。

2.十分な運動も背を伸ばす為に必要

適度な運動も大事です。適度というのは、運動をしすぎてしまうとかえって体の筋肉や骨の軟骨部を痛めてしまうので逆効果となるからです。

あくまで、体全体への刺激を与え続けられるストレッチや縦への刺激を与えられる運動もいいでしょう。運動することによっても成長ホルモンの分泌を促されるのです。

だから、部活などで体を動かして筋肉を鍛えたり骨に刺激のあるような軽い運動により、筋肉と骨の成長が促されていきます。

そして、控えたいのは肥満です。肥満になると男性ホルモン、女性ホルモンの分泌が早まり成長期の期間が短くなる恐れがあります。肥満には注意したいものです。

イラスト適度な運動をさせれば成長ホルモン分泌も活発になります。
また、1日15分以上の日光浴で肌からカルシウムと相性のよいビタミンDが生成されますので、天気の良い日は積極的に外で遊ばせるようにしたほうがいいですね。

3.成長ホルモン分泌をもっと多くさせるための食事を

動物は、口から食事をし栄養を取り込んで吸収して体の生命を維持しています。栄養素は体の中でつくられるものもあるのですが、その多くは体外から取り入れます。

成長期となれば、たくさんの栄養の種類と量をより多く摂らなければいけません。

エネルギーを多く含む炭水化物のほかにタンパク質を構成するアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどをバランスよくとっていかなければならないことでしょう。

ここで可愛さあまりに、子どものわがままどおりのものばかりを食べさせたり、お菓子ばかりと偏った食事をさせていくとしっかりとした成長が見込めないことは目に見えています。

糖類や炭水化物ばかりだと肥満などかえって健康に悪い状態となります。

子どもの成長に大事な時期には、必要な成分をいかに効率よく取らせてあげられないかということ考えていきたいものですね。

イラスト食事は、親として最大限にサポートできる要素となります。栄養の摂り方、食事構成を変えれば、背が伸びるための体の環境は大きく変わります。

手遅れになる前に背を伸ばすのに良いといわれる栄養をできるだけ多く摂らせ、子供の背がもっと大きくなる可能性に挑戦しましょう!

毎日の食事からキチンと栄養をとるのに考えておきたい5つの栄養素

普段の食事からキチンと栄養とれてますか?


小中学生から思春期の子どもにとってカルシウムやマグネシウムといったミネラルからアミノ酸から構成されるたんぱく質を大人より徹底的にたくさんとらなければなりません。

牛乳嫌いやあまりご飯を食べない少食、そしてお菓子ばかり食べている偏食ばかりでは子どもの栄養バランスがすごく心配

毎日の献立で、これだけの種類と量を取らせてあげるのは難しいですから、管理栄養士の提唱するメニューでなく食べ物のほかに栄養サプリで普段の食事をサポートしてあげられてるとママも安心ですよね。

成長期に、とっておきたい栄養素の特徴

ボーンペップ

卵をたくさん食べればボーンペップを多く取れますが、コレステロールなどの過剰摂取でおすすめできません。

骨の成長にカルシウムと深い密接関係があります。・・・カルシウムと是非一緒にとりたい注目のアミノ酸

カルシウム

骨や歯を成長・強化し、骨密度をあげるほか筋肉の機能も調節・・・10代からは1日1000mgほどの摂取量が必要

マグネシウム

神経・筋肉・ホルモン分泌をコントロール・・・12歳ぐらいから豆や海藻を多めに摂りたい

亜鉛

細胞の生成・成長を促す・・・成長期やストレスがかかると不足します

タンパク質

体内で合成や分解を繰り返し生理機能に関わります。

ボーンペップをはじめコラーゲン、オルニチン、シトルリンなど独自の生理機能をもったアミノ酸が必要

ビタミン

他の栄養分と違い、体の機能のサポート役・・・骨の形成促進のビタミンD・ビタミンK、ホルモン分泌促進のビタミンB6

なかでもビタミンDは、カルシウムの吸収を手伝う大事なもの、栄養がバランスよくないと成長が不安定になります。

成長期の間に、食事からバランスよく安定して取らせてあげるには、毎日の献立作りが大変。しかも料理の勉強も面倒なところ。

だから、効率的にじゅうぶんな栄養を摂っていくなら、やはりこだわりのサプリメントでカバーしていく方がお手軽で簡単でしょう。

理想の高い平均の身長になれてないのに身長の伸びが止まった

身長が高ければ、スタイルが良くなって異性にモテるし、運動をするときにも有利です。

高いところに置いたものにも手が届きます。

 

だから、子供が成長期になって背が伸び始めたら、体を作るのに良い食べ物を与えたり、背が伸びそうな運動をさせて睡眠も十分に摂らせて理想の身長にさせようという親もいるのです。

しかし、身長はいつまでも伸びるものではありません。平均に届いたのであれば、ひとまず安心ですが人によっては平均よりもかなり低い身長で止まってしまうこともあります。

なぜ、身長が止まってしまうのかということを知るためには、身長が伸びるメカニズムを理解しなければいけません。

 

鍵となるのは骨端線というものです。骨端線というのは骨の端っこにある軟骨と骨との境目で、レントゲン画像で見ると骨を横切る一本の線のところです。

この骨端線の周辺では軟骨細胞が分裂をして伸びていき骨へと変化します。

手足が伸びていくのです。細胞分裂を繰り返していくと、徐々に骨と軟骨の隙間が埋まっていき、最終的には骨端線のない一本の骨となります。

つまり、骨端線がなくなったときが身長が止まるときなのです。

 

いつ骨端線が亡くなるのが個人差がありますが、男性では高校生くらいで、女性は中学生から高校生になる時期が平均的な年頃です。

もちろん、個人差があるわけですから、20歳を超えても身長が伸びることもあります。

まだ、完全に骨端線が閉じていないならば、カルシウムなどの骨を作るために必要な栄養素を摂取して、適度な睡眠や運動をして成長ホルモンの分泌を促すことで、一度は止まった身長が伸びる可能性があるのです。

 

ちなみに、身長が止まったけれども、理想的な高さには届かないということで、かなり強引な方法ですが、骨を切って自然治癒させ伸ばすという方法があります。

この方法は、完全に身長が止まった大人にならないと出来ないことですし、手術をしてくれる病院もそう多くはなく費用も高額です。誰でも出来る方法というわけではありません。

カルシウムだけでなくマグネシウム・鉄分・ビタミンなども身長に必要な栄養素

 

身長アップに必要な栄養はカルシウムだけでない?

身長は主に成長期に伸びます。小学校高学年から中学生の頃にかけて、男性の身長は最も大きく変化します。

しかし、その頃に十分なカルシウムを摂取しなければ、本人の遺伝子に高身長のポテンシャルがあったとしても、実際には伸び悩みます。

カルシウムは牛乳やチーズといった乳製品に多く含まれています。

乳製品を普段からよく食べている方は特に気を使う必要はありませんが、一方で体質的に牛乳やヨーグルトやチーズ等を苦手にしている方々は慢性的に不足しがちです。

また身長を伸ばすための栄養素はカルシウムだけではありません。

 

マグネシウムや鉄分などのミネラル、そしてビタミンといった栄養素もバランス良く摂取しなければ、身長は効率良く伸びません。

しばしば子どもの身長を伸ばすために、牛乳やチーズだけを大量に買い与える保護者の方々がいらっしゃいます。

骨の成長にはカルシウムが欠かせませんが、それだけでは効率的な身長アップは出来ません。

同時にマグネシウムや鉄分、ビタミンの摂取が不可欠であり、乳製品に加えて緑黄色野菜や根菜、そして新鮮なフルーツ類の摂取が大事です。

マグネシウムや鉄分、そしてビタミンは主に野菜類や果実類から摂取する栄養素であり、いわゆる野菜嫌いの子供たちは慢性的に不足しやすいため、要注意です。

最近ではマグネシウムや鉄分、ビタミンにそれぞれ便利なサプリメントが用意されています。

ミネラルをとるには野菜がミネラルが豊富でよいとされています。

しかし、昔に比べて野菜に含まれるミネラルは減少していのが現実ですが、それでもまだ野菜を食べないよりはましです。

野菜嫌いの子供たちならなおさらですね。

ミネラル成分の栄養をサポートしたいなら、普段の食材そのものだけではなく、サプリメントを活用してみるのもオススメです。

 

必要な栄養のための食事のレシピはアミノ酸

伸び悩みのときでも牛乳を飲めばまだ身長は伸びるのか?

牛乳を飲んで背を伸ばそう

身長が伸びる時、実際には固い骨そのものが伸びるのではなく、骨の先端部分にある軟骨の部分が成長し、その結果背が伸びます。

しかし男子で17歳から18歳、女子で15歳から16歳で、この軟骨の成長は止まります。

まれに成人を過ぎてもこの軟骨部分が伸びるケースもありますが、身長を伸ばすには、やはり十代の成長期が適しています。

成長期に盛んに伸びるこの軟骨は骨端線と呼ばれており、成長ホルモンやタンパク質、そしてカルシウムやビタミンDなどのミネラルによって発達します。

また体内のカルシウムの99%は骨や歯に含まれていますが、実はカルシウムは常に骨から溶け出したり、吸収されたりしています。

そして残りの1%のカルシウムは骨ではなく血液中や細胞内にあり、酵素の活性化をはじめ、体内で重要な働きをしています。

従って、毎日の食生活の中でカルシウムを十分摂取することが、身長を伸ばすためには必要です。

特にカルシウムの吸収率が高い食品が牛乳です。

 

身長を伸ばすにの牛乳をたくさん飲むのは関係ないという説もありますが、

牛乳には、カルシウムだけでなくアミノ酸のバランスが良いタンパク質が豊富に含まれていのです。

200mlの牛乳の中はおよそ134kcalで、カルシウム220mg、タンパク質6.6gを含んでいます。

ちなみに豆乳も体にとってもいいです。

 

牛乳を飲むときの注意点として、リンはカルシウムと結合すると結晶になり、吸収されずに体外へ排出されてしまいます。

しかし、牛乳に含まれるリンも身体には必要なミネラルで、体内のリンの約85%が骨や歯の成分です。

その点、牛乳はカルシウムとリンを1:0.85で含んでおり、これは身体にとって理想的なバランスです。

 

またマグネシウムも骨を作っている成分ですが、牛乳にはマグネシウムも含まれます。

その他、カルシウムはアルギニン酸やリジン、ビタミンDなどと一緒に摂取すると吸収率が高まります。

 

牛乳にはこれらの成分がすべて含まれているため、カルシウムの補給には最適です。

牛乳の飲むタイミングについても、栄養の補給なので食事の際に一緒にというのがおすすめでしょう。

また、他に身長が伸びるのに良いとされているアルギニンは、牛肉や鶏肉にも含まれており、野菜とともに適切な量の肉を食べることで、
成長が促されますのでアルギニンも一緒にとれると理想的といえましょう。。

ただし、何事もやりすぎはダメで牛乳の量を多く飲みすぎるのは体調を壊してしまう恐れもあるので注意が必要です。

栄養とるならカルシウムだけではダメ?

理想の身長になって異性にモテるようにさせたい

理想の身長になればモテるようになるのか?

背の高い男性は女性から好感を持たれやすいです。

有り体に言えば、身長の高い男性の方が合コンやお見合いの場でモテます。

これはいつの時代も変化しない条件です。

実際に小学校の頃から、なぜか身長の高い男子が女子からモテていた、そういった思い出を持つ男性は多いはずです。

身長を伸ばすためには、カルシウムの摂取が要ります。カルシウムこそ骨の主成分であり、その摂取量がイマイチだと身長は伸び悩みます。

恋愛でモテる男性は、周囲に対しての気配りができ、コミュニケーション能力が高い傾向があります。
また、清潔感があり、身長などもそれなりに高いと異性からも恋愛対象として注目の的となるでしょう。

ルックス、そしてファッションにこだわりを持ち、個性溢れる男性も魅力的といえます。
ですが、特徴があるからといっても女子側からすれば好みもあります。

もちろん、ルックスがいい、性格がいい男性などはモテる傾向もありますが、やはり、恋人を大切にしてくれるということも必須条件の一つといえるでしょう。

周囲に対して気配りができるとしても、やはり恋人ならさらに自分をドラマや映画のように特別扱いして欲しいところです。

逆に誰にでもやさしいタイプの男性は、他の女性に対しても好意を抱いているのではないかと、彼女側からは思ってしまい嫉妬してしまうかもしれません。

理想の彼氏としては、周囲に対しても人当たりがいい場合でも、きちんと恋人を第一に考えて行動を共にしてくれるということも重要なポイントといえるでしょう。

また、女性側としても性格を重視したい、ルックスを重視したい場合もあります。
ルックスを重視する場合には、身長なども好みが分かれるところです。

女性側より背が高い男性は、包容力があるイメージがありスタイルがよければ第一印象としては好感度もあがります。
ですが、背が低い男性でも女性側が求める男性像の一つでもあります。

男性に守られたいと思う女性もいれば、守ってあげたいという女性もいるため、平均以下の背が低い、少し華奢な体つきの男性であってもモテることがあります。

そのため、身長が高いということはメリットもありますが、あまり身長だけにこだわらずその人の性格などさまざまな点をあわせて一人の男性としてみることも大切です。

一説には、男性の身長が高くなりたいというのは女性にとって胸が大きくなりたいというのと同じ感情とあります。

完璧な理想を追い求めているでしょうが、身長が高いというのは男性にとってのステータスでもあるので女性にとってその気持ちを温かく包み込めるような心遣いが欲しいものです。

 

また、女性にとってはキレイになりたいとの気持ちでほどほどの身長が欲しいと思っていることでしょう。

将来で会える男性とのバランスもあるでしょうから、身長があまり高すぎるのもよくありません。

よって男女とも平均身長よりも少し高めというのが理想なのではないでしょうか?

身長が伸びやすい年齢に伸ばしてあげたい

背がグングン伸びる睡眠方法はあるの?

背を伸ばせる睡眠の仕方とは

正しく睡眠をとることは、心と体の成長につながります。これは成長ホルモンが、睡眠中に活発になるためであり、睡眠時間をきちんととれる生活を送ることで、背を伸ばす効果につながります。

睡眠と背が伸びる関係として、カルシウムだけでなく成長ホルモンがあげられます。成長ホルモンを引き出すには、良い睡眠が必要となりますが、ただ成長期に睡眠時間を多くとれば良いものではありません。

成長ホルモン分泌をたくさん出す4つの方法

成長ホルモンは夜の10時から深夜2時にかけて分泌量が増えるので、この時間に深く眠っていることが身長を伸ばす為に大切となります。

睡眠にはノンレム睡眠と、レム睡眠とがあります。浅い眠りはレム睡眠、深い眠りはノンレム睡眠と呼びますが、背を伸ばすには寝てから3時間以内にノンレム睡眠にする必要があります。

ノンレム睡眠にするには、寝る前にパソコンやスマートフォンの画面を見ない、入浴は眠る時間の1時間前にすましておく、夕食は規則正しく行い寝る2時間前に食べない、運動は午前中か午後の早い時に行う、昼寝は30分程度に済ませ、夜にしっかりと眠る習慣をつけるということが大切になります。

特にスマートフォンやパソコンの画面を見てしまうと、脳が興奮状態になってしまうので深く眠ることができません。寝る前にはさわらないことが大切になってきます。

また、入浴も寝る直前にしてしまうと身体が冷めきっていないので眠気が起きにくくなります。逆算してどの時間に入ったら良いのか考えてみるようにします。

この他、寝る際には、横向きになったり猫のように丸くなったりしないで、仰向けで寝ると背骨が伸び、背も伸びやすくなります。

大人の場合は横向きの方が睡眠時無呼吸症候群になりにくく良いとされていますが、子供の場合は背骨の成長に関わってくることがあります。

あまりにも横向きになっていることが多いようであれば、そっと仰向けにしてみると良いでしょう。その場合も睡眠を阻害しないように注意します。

思春期には食べ物に注意するほか、寝る環境を整えることで、背が伸びる可能性が高くなります。

栄養をカバーするサプリメントをとるほかにも部屋の温度やマットレスの硬さに注目するとともに睡眠の仕方、方法を見直すようにしたほうがいいでしょう。

身長サプリによく入っている栄養の成分

大人になっても背を伸ばせるのかどうか?

大人になっても身長を伸ばしたい

一般的には成人になってしまうと背を伸ばすことが子供のときより難しいとされています。

理由としては、身長が伸びるために必要となる骨端線が大人になってしまうと消えてしまうためとなります。

骨端線が消えてしまう時期としては、男性ですと17歳から19歳、女性ですと、15歳から17歳頃までと言われています。

ただ、こちらの成長期を過ぎてしまった場合でも骨端線は残っている可能性もあり、中には20代の中盤まで残っているという方もいるようです。

年齢が若いほど残っている可能性もあるため、20代前半の方は成長ホルモンの分泌を促進させる習慣を行ってみるのも一つの手段となります。

身長は何歳までいつまで伸びるのか?

成長ホルモンの分泌を促進させる方法としては、アルギニン、亜鉛などを含むおすすめサプリの摂取または睡眠の見直しとなります。多く分泌される時間帯としては、夜の10時から午前2時となり、この時間帯に眠るようにしていきましょう。

骨端線が残っているかどうか気になるという方もいるかと思いますが、確認する方法としてはレントゲンを撮る方法しかないようです。

怪我をしていない場合は保険が適用されないため、レントゲンを撮影するだけでも5千円から7千円程度の費用が掛かってしまいます。それでも確認したいという場合は病院で撮影してもらうことを検討してみると良いでしょう。

 

大人になってからの身長を伸ばす方法

骨端線が無くても身長を伸ばすことはでき、手術を行うことで身長を伸ばすことが可能となります。身長を伸ばすための手術は費用が高く、費用が高いだけでなく副作用のリスクもあり、手術を受けるお金が合っても手術まで踏み出せない方のほうが多いでしょう。

費用が掛からず、リスクもない方法としては、ヨガやストレッチとなります。ヨガでは様々なポーズをすることになりますが、ポーズを行うことによって身体の歪みを元に戻すことができます。

体の歪みを元に戻すことによって身長が伸びるというわけではなく、本来の伸長に戻すことができるというわけです。ポーズを行っていくことで、本来の伸長に戻すことができますが、効果としてはポーズを行う前よりも数センチ身長が伸びたという方もいるようです。

効果は個人差があり、体の歪みが少ないという方は、身長の伸びも少なくなるので、その点については把握しておくようにしましょう。

身長を伸ばせる手術は一体どんなもんなのか?

身長が伸びない悩みは手術で解決できる

自分の身長の低さに悩んでいるという方は実は多いといわれていますが、そんな身長の悩みが手術をすることによって解決する可能性があります。

ただし保険適用にはならないため、手術などにかかる費用は全て自費になります。身長を伸ばすことができる手術で伸ばせる限界は下腿5cm、上腿4cmの合計で9cmほどだと考えておくと良いでしょう。

どれだけ伸ばすかということは元々の足の長さや全体的なバランスを見ながら決めることになります。

 

身長を伸ばす手術の方法

手術の方法は2種類あり、イリザロフ法とISKD法です。まずイリザロフ法は人工的に骨を切って創外固定器をつけます。次に外から1日1mmずつ骨の隙間を広げていきます。

こうすると骨が自然治癒しようとして隙間が修復されます。こうして身長を伸ばすことが可能となるわけです。入院期間は手術後およそ2週間ほどですが、退院後も数か月の通院が必要です。

注意しなければいけないのは25%ほどの確率で感染症にかかる場合があるということです。

ISKD法は骨を切ってから外部操作によってのばすことができる器具を埋め込みます。その後、外部からコントローラーを使って器具についている磁石の力で骨を伸ばしていくという方法です。

こちらはアメリカで主に行なわれている手術方法で、イリザロフ法より器具をつけていなければいけない期間が短く、しかも感染症に感染する確率も低くなります。

手術は国内の病院か海外の病院で行なうことになりますが、国内はまだ身長を伸ばす手術を行なっているところが少なく、イリザロフ法で行なった場合の費用は735万円必要となります。

この手術に加えて髄内釘も利用する場合はさらに高額になり、1135万円ほど必要になるといわれています。海外の病院で行なう場合は国にもよりますが、安いところで100万円ほどで手術を受けることができます。

アメリカやドイツで手術を受ける場合の費用は日本で受ける場合とほとんど変わりません。

アメリカなどの海外での身長サプリはどう?

子供が低身長なのか不安、悩んでいるあなたへ

子供が低身長なのかを調べよう

親にとっては子どもが病気や怪我、障害に見舞われることなく健康で過ごしてくれたら良いと感じるものですが、当人においては身長が平均よりも低いというだけで外出ができなくなるほど自信喪失してしまいますし、男の子ならなおさらです。

しかし、一言で身長が低いとは言っても明確な基準があるわけではないですし、仮に平均よりも高かったとしても高みを目指す性格であれば物足りなさを感じてしまうでしょう。

そこで、一つの指針として判断基準になるのが男女共に実測した値から標準値を差し引き、偏差で割るという計算方法により導き出される値です。

近年ではウェブサイト上にて入力フォームが用意されており、数字を入れるだけで迅速にSD値を判明する情報サービスも提供されているので、計算が苦手でも知ることが可能です。

こうした身長に纏わる話においては古くから遺伝が大きく関係しており、実際に身を持って感じている方も多いのですが科学的根拠は無いとされています。

本当に子どもの背を伸ばす方法はあるのか?

そのため、父が恵まれた体格であったとしても子は小柄なまま成長が止まってしまうということは珍しくありません。

そういった場合に深く関係している原因と言われているのが、栄養不足などにより甲状腺ホルモンや成長ホルモン分泌が少なかったり異常をきたしているということです。

これらのホルモンに不都合が生じている時は、男女どちらにおいてもホルモン治療を実行するとサポートさせられます。

ただし、早い段階から訴求していかなければ効果が得られないので、日増しに大きくなっていく思春期にいつまでも小さいままであると感じた時はすぐに病院に検査や相談に訪れてみましょう。

また、女性が陥る特性があることとして染色体異常があり、ターナー症候群という病名で取り扱いされています。
2000人もしくは2500人のうち1人の割合で持ち合わせてしまう異常であり、染色体に欠けが発生していることで起こることが判明しています。

さらに背の高さに限らず、将来的に妊娠が難しくなるリスクも高いので取り分けて注意が求められます。

成長ホルモンをたくさん分泌させる4つの方法