身長の伸びが止まった、理想の高い平均の身長になれてない

身長が高ければ、スタイルが良くなって異性にモテるし、運動をするときにも有利です。

高いところに置いたものにも手が届きます。

 

だから、子供が成長期になって背が伸び始めたら、体を作るのに良い食べ物を与えたり、背が伸びそうな運動をさせて睡眠も十分に摂らせて理想の身長にさせようという親もいるのです。

しかし、身長はいつまでも伸びるものではありません。平均に届いたのであれば、ひとまず安心ですが人によっては平均よりもかなり低い身長で止まってしまうこともあります。

なぜ、身長が止まってしまうのかということを知るためには、身長が伸びるメカニズムを理解しなければいけません。

 

鍵となるのは骨端線というものです。骨端線というのは骨の端っこにある軟骨と骨との境目で、レントゲン画像で見ると骨を横切る一本の線のところです。

この骨端線の周辺では軟骨細胞が分裂をして伸びていき骨へと変化します。

手足が伸びていくのです。細胞分裂を繰り返していくと、徐々に骨と軟骨の隙間が埋まっていき、最終的には骨端線のない一本の骨となります。

つまり、骨端線がなくなったときが身長が止まるときなのです。

 

いつ骨端線が亡くなるのが個人差がありますが、男性では高校生くらいで、女性は中学生から高校生になる時期が平均的な年頃です。

もちろん、個人差があるわけですから、20歳を超えても身長が伸びることもあります。

まだ、完全に骨端線が閉じていないならば、カルシウムなどの骨を作るために必要な栄養素を摂取して、適度な睡眠や運動をして成長ホルモンの分泌を促すことで、一度は止まった身長が伸びる可能性があるのです。

 

ちなみに、身長が止まったけれども、理想的な高さには届かないということで、かなり強引な方法ですが、骨を切って自然治癒させ伸ばすという方法があります。

この方法は、完全に身長が止まった大人にならないと出来ないことですし、手術をしてくれる病院もそう多くはなく費用も高額です。誰でも出来る方法というわけではありません。

背がグングン伸びる睡眠方法はあるの?

背を伸ばせる睡眠の仕方とは

正しく睡眠をとることは、心と体の成長につながります。これは成長ホルモンが、睡眠中に活発になるためであり、睡眠時間をきちんととれる生活を送ることで、背を伸ばす効果につながります。

睡眠と背が伸びる関係として、カルシウムだけでなく成長ホルモンがあげられます。成長ホルモンを引き出すには、良い睡眠が必要となりますが、ただ成長期に睡眠時間を多くとれば良いものではありません。

成長ホルモン分泌をたくさん出す4つの方法

成長ホルモンは夜の10時から深夜2時にかけて分泌量が増えるので、この時間に深く眠っていることが身長を伸ばす為に大切となります。

睡眠にはノンレム睡眠と、レム睡眠とがあります。浅い眠りはレム睡眠、深い眠りはノンレム睡眠と呼びますが、背を伸ばすには寝てから3時間以内にノンレム睡眠にする必要があります。

ノンレム睡眠にするには、寝る前にパソコンやスマートフォンの画面を見ない、入浴は眠る時間の1時間前にすましておく、夕食は規則正しく行い寝る2時間前に食べない、運動は午前中か午後の早い時に行う、昼寝は30分程度に済ませ、夜にしっかりと眠る習慣をつけるということが大切になります。

特にスマートフォンやパソコンの画面を見てしまうと、脳が興奮状態になってしまうので深く眠ることができません。寝る前にはさわらないことが大切になってきます。

また、入浴も寝る直前にしてしまうと身体が冷めきっていないので眠気が起きにくくなります。逆算してどの時間に入ったら良いのか考えてみるようにします。

この他、寝る際には、横向きになったり猫のように丸くなったりしないで、仰向けで寝ると背骨が伸び、背も伸びやすくなります。

大人の場合は横向きの方が睡眠時無呼吸症候群になりにくく良いとされていますが、子供の場合は背骨の成長に関わってくることがあります。

あまりにも横向きになっていることが多いようであれば、そっと仰向けにしてみると良いでしょう。その場合も睡眠を阻害しないように注意します。

思春期には食べ物に注意するほか、寝る環境を整えることで、背が伸びる可能性が高くなります。

栄養をカバーするサプリメントをとるほかにも部屋の温度やマットレスの硬さに注目するとともに睡眠の仕方、方法を見直すようにしたほうがいいでしょう。

身長サプリによく入っている栄養の成分

大人になっても背を伸ばせるのかどうか?

大人になっても身長を伸ばしたい

一般的には成人になってしまうと背を伸ばすことが子供のときより難しいとされています。

理由としては、身長が伸びるために必要となる骨端線が大人になってしまうと消えてしまうためとなります。

骨端線が消えてしまう時期としては、男性ですと17歳から19歳、女性ですと、15歳から17歳頃までと言われています。

ただ、こちらの成長期を過ぎてしまった場合でも骨端線は残っている可能性もあり、中には20代の中盤まで残っているという方もいるようです。

年齢が若いほど残っている可能性もあるため、20代前半の方は成長ホルモンの分泌を促進させる習慣を行ってみるのも一つの手段となります。

身長は何歳までいつまで伸びるのか?

成長ホルモンの分泌を促進させる方法としては、アルギニン、亜鉛などを含むおすすめサプリの摂取または睡眠の見直しとなります。多く分泌される時間帯としては、夜の10時から午前2時となり、この時間帯に眠るようにしていきましょう。

骨端線が残っているかどうか気になるという方もいるかと思いますが、確認する方法としてはレントゲンを撮る方法しかないようです。

怪我をしていない場合は保険が適用されないため、レントゲンを撮影するだけでも5千円から7千円程度の費用が掛かってしまいます。それでも確認したいという場合は病院で撮影してもらうことを検討してみると良いでしょう。

 

大人になってからの身長を伸ばす方法

骨端線が無くても身長を伸ばすことはでき、手術を行うことで身長を伸ばすことが可能となります。身長を伸ばすための手術は費用が高く、費用が高いだけでなく副作用のリスクもあり、手術を受けるお金が合っても手術まで踏み出せない方のほうが多いでしょう。

費用が掛からず、リスクもない方法としては、ヨガやストレッチとなります。ヨガでは様々なポーズをすることになりますが、ポーズを行うことによって身体の歪みを元に戻すことができます。

体の歪みを元に戻すことによって身長が伸びるというわけではなく、本来の伸長に戻すことができるというわけです。ポーズを行っていくことで、本来の伸長に戻すことができますが、効果としてはポーズを行う前よりも数センチ身長が伸びたという方もいるようです。

効果は個人差があり、体の歪みが少ないという方は、身長の伸びも少なくなるので、その点については把握しておくようにしましょう。

子供にプチ断食させると身長が伸びるってホント?

断食で背が伸びる?

子供が身長を伸ばすためにはバランスの良い栄養と適度な運動、そして睡眠が大切です。

ですから子供の場合は断食をすると成長に必要な栄養が足りなくなってしまうことが考えられるのであまり勧めることはできません。

子供の場合は断食をするよりも必要な栄養素を食事でどんどん補給してあげることの方が効果が高いといえます。

身長は何歳までいつまで伸びるのか?

しかし、成長期が終わってしまった大人の場合では、断食をすることで身長が伸びるなどの効果がでてくる場合があるのです。

メカニズムとしては、断食をして空腹の状態になると身体の中から糖分など必要な栄養素が少なくなっていきます。

特に脳は糖分をエネルギーにしていますから、糖分をなんとか補給しようとするのです。そうすると肝臓でグルコースという糖分の変わりになる成分が分泌されます。この時に一緒に成長ホルモンも作られるのです。

 

断食で分泌される成長ホルモンが背を伸ばす

成長ホルモンには、細胞を成長させる効果が期待できるので、たくさん分泌されると身長を伸ばすことにつながるかもしれないのです。

さらに成長ホルモンにはいろいろな効果が期待できます。

細胞を活性化させる効果も期待できるので、疲労の回復や脂肪を分解する働き、免疫力が上がったり代謝が良くなったりと健康的な身体作りとアンチエイジングなどにも繋がっていくのです。

このように多少の空腹感というのは健康に様々な恩恵を与えてくれます。

もちろん断食をし過ぎてしまうと身体に必要な栄養素を補給することができなくなってしまいますので、やり過ぎなどには注意が必要です。

いつも満腹までご飯を食べてしまうのも成長ホルモンの分泌を妨げてしまうので、適度に空腹の状態を作るためにたまに断食してみるとよいのではないでしょうか。

また、成長ホルモンは肝臓で作られますので、ご飯を抜くだけでなく、お酒を控えるなどして肝臓をいたわってあげることも大切です。

成長ホルモンがたくさん分泌されれば、成長が止まってからでも身長が伸びる可能性があるのです。

成長ホルモン分泌をたくさん出す4つの方法

子供の身長をもっと伸ばせる方法はあるのか?

子供の成長にとって、必要なもの

それは、睡眠・運動・食事という人間が生活するにおいて、当たり前に行う行為です。当たり前の行為ですが、それが不足していると、子供が成長する成長期において、身長が思うように伸びなかったり、低身長になることがあります。身長は遺伝も関係ありますが、日々の生活習慣が最も大事です。

育ちざかりの子供にとって、充分な睡眠・運動・食事は鉄則です。睡眠は、しっかり7時間から9時間くらい確保したいものです。特に、夜の10時には布団の中に入って就寝していたいです。深夜にかけての深い時間に、成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンが分泌されると、たんぱく質を合成する作用があるので、それにより、体が大きくなったり、体力が温存されたりします。睡眠が浅いと、成長ホルモンが十分に分泌されず、成長を妨げることとなります。

 

子供の身長をもっと伸ばしたいなら

運動は、それ自体が血液の流れや循環を良くすることで、身長を伸ばすことに役立ちますし、骨が強く丈夫になり、怪我をしにくい健康で理想的な体つくりを可能にします。

小さいお子さんには、水泳がおすすめです。水泳は、全身の筋肉を使う運動ですから、体のあちこちが伸びます。体力も使うので、その分しっかり食事をすることで、体がどんどん大きく健康になれます。

肺活量も凄くなるので、風邪もひきにくい、逞しい体にもなることができます。泳げることは、大人になってからも役立つので、子供の頃から、水泳を取り入れるとメリットばかりです。

食事も同時に身長を伸ばす上で必要です。高タンパクのものを積極的に取り入れましょう。

豆腐や納豆などの大豆製品はカロリーが低い上に、栄養素、たんぱく質が豊富に摂取できます。たんぱく質は骨を伸ばす栄養素なので、毎日の食事に取り入れることで無理なく身長が伸びます。

骨を強くするカルシウムも牛乳から摂取しましょう。チーズやヨーグルトの乳製品をおやつに取り入れるとバランスが取れます。

食事からとる栄養素を補給するものでアルギニンやボーンペップが主成分の身長サプリもあります。身長が平均より低く栄養バランスが不安ならその効果を検討するのもありでしょう。

このように、睡眠・運動・食事の三要素が身長を伸ばす秘訣です。

身長サプリで背を伸ばせるの?

成長期なら本当に身長サプリで子どものもっと背を伸ばせるのか?

身長サプリに入っている栄養

子供の背を伸ばすには適切な方法で行う運動、睡眠も必要ですが、栄養摂取も大変重要な要素になっています。

身長が伸びないと医者で治療も検討する場合もありますが、背を伸ばすための栄養素は数多く存在しており、それらを食事だけで摂取するのは現実的ではないためサプリメントの服用がお勧めです。

数ある身長を伸ばすためのサプリメントの中ではボーンベップの成分がおすすめで、成長期の成長ホルモン分泌によいので数多くのお子さんの身長を伸ばす事に成功しています。

 

ボーンペップ入りの身長サプリがおすすめ

ボーンベップのメカニズムとしてはこのサプリメントだけで身長を伸ばす効果があるわけではなく、カルシウムと一緒に摂取する事で身長を伸ばす事ができるようになっています。

まずボーンベップには骨の成長を助けるペプチドタンパク質という栄養素が含まれており、これはカルシウムと摂取する事で骨を成長させる細胞を活性化させる働きを促進させて骨の成長のみならず骨密度や骨の強度さえも高める事ができるようになっているのです。

ペプチドタンパク質は本来卵黄に多く含まれているのですが、卵黄をそのまま利用しようとすると脂質等別の物質まで摂取する事になるためより効果的にお子さんの身長を伸ばす事ができないのです。
そこでボーンベップは酵素で特殊な処理を施す事で卵黄をペプチドに分解し、熱に対する耐性や酸に対しての耐性を有した栄養素に変化させているのです。

そのため摂取しても胃酸で溶けてなくなってしまったり、食事と一緒に服用する事で食べ物の熱によって消失してしまう事を防ぎお子さんの身長を伸ばす栄養素として確かな効果を発揮する事が可能になっています。

そして心配される発育や健康状態への悪影響についてですが、ボーンベップはタンパク質の一種なので体を動かしたり成長させたりするエネルギーに使われる事はあっても悪影響を及ぼす事は一切ありません。

なのでボーンベップを服用する際にはカルシウムだけでなくミネラルやビタミンといった骨の成長を助ける栄養素を合わせて摂取するようにし、よりボーンベップというサプリを使用する方法で身長を伸ばす効果を促進させる事をお勧めします。

身長サプリで背を伸ばしたい