カテゴリー:子どもの背を伸ばす食事の記事一覧

  • 子どもの背を伸ばす食事
カテゴリー:子どもの背を伸ばす食事
毎日の食事からキチンと栄養をとるのに考えておきたい5つの栄養素
毎日の食事からキチンと栄養をとるのに考えておきたい5つの栄養素

毎日の栄養素を食事からキチンととれてますか?

 

人間が生きていくための一般的な5大栄養素とは、炭水化物・タンパク質・脂質の3つにミネラルとビタミンをあわせて合計5つの種類とされています。

 

さらに最近では食物繊維の重要さもわかっています。

 

その5つの栄養素は、カラダにとって3つの働きがあり

 

1.エネルギーとなるもの

 

2.カラダをつくるもの

 

3.カラダの調子を整えるもの

 

この3つのために私たちは口の中から栄養をとっているのですが、3つのバランスが大事と言われていますね。

 

普段からこの栄養バランスに気をつけて生活していけば健康が維持できるのですが、赤ちゃんから子供、そして大人になってからも年齢によって必要なバランスや量が変わってくるのはご存知など思います。

 

特に成長期の子供にとっては、安定した大人になってからの体とは違い、必要な栄養素が顕著に不足しがちになってしまいます。

 

 

成長期に、とっておきたい5つの栄養素

ノビルンで不足する栄養をサポートしよう

ここで、身長サプリで人気の「ノビルン」の図を見てみましょう。

 

小中学生から思春期の子どもにとってカルシウムやマグネシウムといったミネラルからアミノ酸から構成されるたんぱく質を大人より徹底的にたくさんとらなければなりません。

 

牛乳嫌いやあまりご飯を食べない少食、そしてお菓子ばかり食べている偏食ばかりでは子どもの栄養バランスがすごく心配。

 

大豆や豆腐に野菜、肉類や魚などたくさんの種類のものからバランスよく栄養をとらなければなりません。

 

毎日の献立で、これだけの種類と量を取らせてあげるのは難しいですから、管理栄養士の提唱するメニューでなく食べ物のほかに栄養サプリで普段の食事をサポートしてあげられてるとママも安心ですよね。

 

では成長に必要な5つの栄養素を順番にみていきましょう。

 

ボーンペップ

 

卵をたくさん食べればボーンペップを多く取れますが、コレステロールなどの過剰摂取でおすすめできません。

 

骨の成長にカルシウムと深い密接関係があります。・・・カルシウムと是非一緒にとりたい注目のアミノ酸

 

カルシウム

 

骨や歯を成長・強化し、骨密度をあげるほか筋肉の機能も調節・・・10代からは1日1000mgほどの摂取量が必要

 

マグネシウム

 

神経・筋肉・ホルモン分泌をコントロール・・・12歳ぐらいから豆や海藻を多めに摂りたい

 

亜鉛

 

細胞の生成・成長を促す・・・成長期やストレスがかかると不足します

 

タンパク質

 

体内で合成や分解を繰り返し生理機能に関わります。

 

ボーンペップをはじめコラーゲン、オルニチン、シトルリンなど独自の生理機能をもったアミノ酸が必要

 

ビタミン

 

他の栄養分と違い、体の機能のサポート役・・・骨の形成促進のビタミンD・ビタミンK、ホルモン分泌促進のビタミンB6

 

なかでもビタミンDは、カルシウムの吸収を手伝う大事なもの、栄養がバランスよくないと成長が不安定になります。

 

 

必要な栄養素を取っていきたいまとめ

 

成長期の間に、食事からバランスよく安定して取らせてあげるには、毎日の献立作りが大変。しかも料理の勉強も面倒なところ。

 

だから、効率的にじゅうぶんな栄養を摂っていくなら、やはり自分にあったサプリメントで不足しがちな栄養をカバーしていく方がお手軽で簡単でしょう。

 

 

ノビルンの評判

伸び悩みのときでも牛乳を飲めばまだ身長は伸びるのか?
伸び悩みのときでも牛乳を飲めばまだ身長は伸びるのか?

牛乳を飲んで身長を伸ばそう?

 

身長が伸びる時、実際には固い骨そのものが伸びるのではなく、骨の先端部分にある軟骨の部分が成長し、その結果背が伸びます。

 

しかし男子で17歳から18歳、女子で15歳から16歳で、この軟骨の成長は止まります。

まれに成人を過ぎてもこの軟骨部分が伸びるケースもありますが、身長を伸ばすには、やはり十代の成長期が適しています。

 

成長期に盛んに伸びるこの軟骨は骨端線と呼ばれており、成長ホルモンやタンパク質、そしてカルシウムやビタミンDなどのミネラルによって発達します。

 

また体内のカルシウムの99%は骨や歯に含まれていますが、実はカルシウムは常に骨から溶け出したり、吸収されたりしています。

 

そして残りの1%のカルシウムは骨ではなく血液中や細胞内にあり、酵素の活性化をはじめ、体内で重要な働きをしています。

 

従って、毎日の食生活の中でカルシウムを十分摂取することが、身長を伸ばすためには必要です。

 

 

カルシウムの吸収率が高い食品は牛乳

 

身長を伸ばすにの牛乳をたくさん飲むのは関係ないという説もありますが、牛乳にはカルシウムだけでなくアミノ酸のバランスが良いタンパク質が豊富に含まれていのです。

 

200mlの牛乳の中はおよそ134kcalで、カルシウム220mg、タンパク質6.6gを含んでいます。ちなみに豆乳も体にとってもいいです。

 

牛乳を飲むときの注意点として、リンはカルシウムと結合すると結晶になり、吸収されずに体外へ排出されてしまいます。

 

しかし、牛乳に含まれるリンも身体には必要なミネラルで、体内のリンの約85%が骨や歯の成分です。

 

その点、牛乳はカルシウムとリンを1:0.85で含んでおり、これは身体にとって理想的なバランスです。

 

またマグネシウムも骨を作っている成分ですが、牛乳にはマグネシウムも含まれます。

その他、カルシウムはアルギニン酸やリジン、ビタミンDなどと一緒に摂取すると吸収率が高まります。

 

牛乳にはこれらの成分がすべて含まれているため、カルシウムの補給には最適です。

 

牛乳の飲むタイミングについても、栄養の補給なので食事の際に一緒にというのがおすすめでしょう。

 

また、他に身長が伸びるのに良いとされているアルギニンは、牛肉や鶏肉にも含まれており、野菜とともに適切な量の肉を食べることで、

 

成長が促されますのでアルギニンも一緒にとれると理想的といえましょう。

 

ただし、何事もやりすぎはダメで牛乳の量を多く飲みすぎるのは体調を壊してしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

ノビルンの評判

肥満になると身長の伸びが悪くなるの?
肥満になると身長の伸びが悪くなるの?

肥満と身長の伸びに関係があった?

 

肥満と身長の伸びの関係として、成長期に太ることで、大切な成長ホルモンが、順調に分泌されなくなるためです。

 

肥満度のレベルが上がるほど、身長にも影響を与えることになりますし、成長ホルモンは健康に直結しています。

 

子供たちが成長をして、身長も順調に伸びていくのは、成長ホルモンが順調に分泌されてからです。

 

体重が増加しすぎてしまうと、体内から成長ホルモンは分泌がされにくくなります。

 

身長が伸びていくのに必要な成長ホルモンが、とてもゆっくりな分泌になるのですから、身長が思うようには伸びなくなるのもうなずけることですよね。

 

 

肥満で思春期のスタートが早まる?

 

人間は思春期を迎えるまでの期間に、身長が最も伸びやすい時期を迎えます。

しかし体重が増えて肥満となると、思春期の時期はそれだけ早くなります。

 

体内の皮下脂肪には酵素があり、骨が成熟していくホルモンをつくりますが、その生成が早い時期に終わってしまうので、身長が本当は伸びていく時期に、伸び悩みを見せる結果を招いてしまうのです。

 

人の身長は10代のうちに伸びるものではありますが、思春期が始まるまでにどれほど伸ばすことが出来るか、ここが身長を伸ばすキーポイント。

 

思春期を無駄に早く迎えてしまうことは、身長が伸びることに歯止めをかけることにもなるので、良い結果とは言えないでしょう。

 

子供時代に肥満になると、まだ幼い頃であれば成長自体が、周りの標準体重の子供よりも早く感じられます。

 

だから体も、周りの子供よりも大きくなるように感じるものの、それは一定の時期から止まります。

 

子供の肥満は時代的な事も関わる問題ですが、子供に無理な大人並みのダイエットはかわいそうと思いがちです。

 

しかし子供の場合は大人よりも痩せやすいので、基本的な食事を管理すること、運動をすることで、意外と簡単に標準体重に戻ることができます。

 

子供のうちからの肥満を避けるよう努力していきたいものですね。

 

ノビルンの評判

学校の給食では、子供が成長しやすい栄養を十分とれるの?
学校の給食では、子供が成長しやすい栄養を十分とれるの?

身長が伸びる給食メニューの工夫?

学校の給食は成長期の児童が日々の生活を健康的に過ごせるようにと、牛乳を含め栄養バランスがとれた食事ができるように工夫されています。

 

今日、国民の生活水準は向上し食生活が豊かになったといわれていますがその反面、偏ったり不規則な食事が原因となる栄養のバラツキや集中力の低下や疲れといった問題が指摘されています。

 

そういった問題を少しでも改善すべく、学校給食ではおいしく食べるとともに多様な食品の組み合わせや栄養バランスが考えられています。

 

給食を食べる時期は身体的・精神的にも急速に成長する時期であり、バランスのとれた食生活を送る事が重要となります。

 

脂肪や糖分、塩分に配慮して食事をとる習慣を身につけることで、将来の生活習慣病の予防にもつながると考えられています。

 

 

健康な生活を送るには1日3回の食事が必要

 

給食は栄養バランスを考えられて作られておりタンパク質は1日に必要な摂取量の1/3が摂取できるように作られています。

 

成長に必要な栄養をとることはできますが、給食だけでなく残りの2食もバランスよく食事をとることが大切なのです。

 

 

学校の給食のメリットはたくさんある

 

給食では成長に必要な栄養がバランスよく摂取できるという特徴以外にも、児童全員で楽しく食べるという体験を通して、人間関係を豊かにしていくという目的もあります。

 

給食指導として大勢で食事をすることで食事のマナーを身につけることができ、食器や箸の持ち方をはじめ、食事中の姿勢といった基本的なマナーが自然と身についていきます。

 

児童自らが給食の用意や後片付けをすることで、協力して配膳をすることもできます。

 

日々栄養バランスのとれた給食を食べることで、食品の種類や働き方を理解するようになり健康に良い食事方法が分かるようになってくるとも言われています。

 

また、日本の伝統的な食文化である米を中心とした和食に関心をもち、郷土ならではの食材や地域文化に触れることもできるため、心も豊かになると考えられていますよね。

 

 

卵黄からとれる成分のボーンペップは身長にいいの?

 

 

卵の黄身からとれるボーンペップ?

 

大手製薬会社のロート製薬とバイオベンチャーのファーマフーズが共同研究し、卵の卵黄からとれる栄養の成分をペプチド化し、成長に有利な効果をもつボーン(骨)+ペップ(ペプチド)という栄養成分として特許に登録商標しました。

 

ですから、ふつうのボーンペップの表現には「TM」という記号が後に付いています。

 

 

ボーンペップの研究の結果は

 

ラットなどの小動物で、いかに成長が早くできる実験をし、カルシウムとこのボーンペップの配合された食事を与えたものが、顕著に成長によい影響があるとして、このボーンペップの入った商品を開発。

 

 

卵というと

 

我々の生活でも欠かせない食材である卵で、栄養がたくさん含まれ毎日のメニューにも欠かせないものですが卵を食べ過ぎると、たくさんの栄養も取れますが余分な脂質が多く、カロリーやコレステレロールもたくさんとってしまうこととなります。

 

そこで成長に大事な栄養だけを何とかとれないかということで、開発された卵黄からとれるペプチド「ボーンペップ」を作り上げたのです。

 

 

ボーンペップの効果

 

・骨の成長強化促進
・骨密度を高め、骨粗しょう症の予防
と骨の成長の強化が期待されます。

 

育ち盛りの成長期に、どうしたら成長ホルモンの分泌が活発されて骨が成長できるのかを実験の結果で、カルシウムとボーンペップの併用と出ています。

 

単にカルシウムだけを摂取するよりも、ボーンペップもあったほうが効果がありと実証済みで心強いですよね。

 

 

ボーンペップのサプリは何があるの?

 

開発に携わったロート製薬からは、皆さんご存知の「セノビック」という商品が販売されています。

 

セノビックは、ぶっちゃけ「ミロ」をベースにボーンペップの他3種類ほどのタンパク質を追加した強化版、TVのCMでも流れていて大人気、しかも味も数種類もあります。

 

また、このボーンペップの効果に注目した他のーカーからも数多くの商品が販売されています。

 

その数は多く、今のところ5社以上がこの「ボーンペップ」と使った子ども向けの総合栄養サプリとして販売しており、さらにボーンペップ単体だけのサプリとなるともっと数も膨らみます。

 

子どもたちによい栄養成分ということで、実際にはどのサプリが一番効果があるのかは一人ひとり違うはずなので、どのメーカーのものがよさそうかをじっくりと比較してみてはいかがでしょうか?

 

 

ノビルンの評判