この記事は約 2 分で読めます

普段の食事からキチンと栄養とれてますか?

 


小中学生から思春期の子どもにとってカルシウムやマグネシウムといったミネラルからアミノ酸から構成されるたんぱく質を大人より徹底的にたくさんとらなければなりません。

 

牛乳嫌いやあまりご飯を食べない少食、そしてお菓子ばかり食べている偏食ばかりでは子どもの栄養バランスがすごく心配

 

毎日の献立で、これだけの種類と量を取らせてあげるのは難しいですから、管理栄養士の提唱するメニューでなく食べ物のほかに栄養サプリで普段の食事をサポートしてあげられてるとママも安心ですよね。

 

 

成長期に、とっておきたい栄養素の特徴

 

ボーンペップ

 

卵をたくさん食べればボーンペップを多く取れますが、コレステロールなどの過剰摂取でおすすめできません。

骨の成長にカルシウムと深い密接関係があります。・・・カルシウムと是非一緒にとりたい注目のアミノ酸

カルシウム

 

骨や歯を成長・強化し、骨密度をあげるほか筋肉の機能も調節・・・10代からは1日1000mgほどの摂取量が必要

マグネシウム

 

神経・筋肉・ホルモン分泌をコントロール・・・12歳ぐらいから豆や海藻を多めに摂りたい

亜鉛

 

細胞の生成・成長を促す・・・成長期やストレスがかかると不足します

タンパク質

 

体内で合成や分解を繰り返し生理機能に関わります。

ボーンペップをはじめコラーゲン、オルニチン、シトルリンなど独自の生理機能をもったアミノ酸が必要

ビタミン

 

他の栄養分と違い、体の機能のサポート役・・・骨の形成促進のビタミンD・ビタミンK、ホルモン分泌促進のビタミンB6

なかでもビタミンDは、カルシウムの吸収を手伝う大事なもの、栄養がバランスよくないと成長が不安定になります。

 

成長期の間に、食事からバランスよく安定して取らせてあげるには、毎日の献立作りが大変。しかも料理の勉強も面倒なところ。

 

だから、効率的にじゅうぶんな栄養を摂っていくなら、やはりこだわりのサプリメントでカバーしていく方がお手軽で簡単でしょう。

 

>>評判のノビルンの通販TOPへ