ノビルンに副作用があるのか気になりませんか?

ノビルンに副作用はあるのか?

 

・アルギニン

・ボーンペップ

・カルシウム

・マグネシウム

・亜鉛

・ビタミン

 

ミネラルとアルギニンに注目します

 

タンパク質を構成する非必須アミノ酸(体内でも合成されるアミノ酸)の一つ

 

健康を考えると運動でも栄養でも適切ということが言われています、なんでもやりすぎはよくないものですから、適量であれば問題なしと言えます。

 

 

ミネラルの副作用

 

普段から目にするミネラル群、我が家でもあったのですが子どものお腹が緩くなることがあります。体調にも原因があるのかもしれません。

 

合うかどうかの目安として、硬水のミネラルウォーターを飲んで大丈夫であればOKです。

エビアンは平気で、コントレックスなら下痢をするようでは、まだ控えたほうがいいです。

 

特に年齢が幼いときには胃腸の成長がまだなので、もう少しお兄ちゃん、お姉ちゃんになってからの方がよいですね。

 

 

アルギニンの副作用

 

さまざまは効果を発揮するアルギニンの摂取は適切であれば非常に大切な成分で、成長期に成長ホルモン分泌の活発化を促すおすすめの成分です。

 

しかし、このアルギニンは強いアルカリ性で、アルギニン単体のサプリでは酸っぱい味という特徴があります。

 

ここでアルカリ性はどうなのか?を考えると。

 

人間の胃腸の中は胃液が弱酸性であり、食事を胃液で消化していくわけです。例えば炭酸飲料など酸性のものを飲めばおなかが空きやすくなりますし、コーヒーなどのアルカリを飲めば食欲を抑えられる。

 

なので、胃の中ではある程度の中性から弱酸性であれば望ましいわけです。

 

ここで過剰のアルカリ性が入ると胃が荒れたりして弱くなってしまい、食欲不振・吐き気・下痢などの症状が出てしまいます。

 

アルギニンの摂りすぎで個人差や体調によりこういった心配が出てきますね。

 

 

適切なアルギニンの量はどれくらいなのか

 

適切なアルギニンの量を守り、アルギニンの効果を最大限に取り入れたいと誰もが思うところなので調べてみたところ

 

■成人 1日9gまで

■子ども 1日5gまで

 

平均的な身長、体重から割り出された量なのであくまで参考にしてください。

 

この上限値を超えないよう必要分だけ摂取し、アルギニンの摂りすぎに注意して欲しいものです。

 

ノビルンの口コミ|中学生から始めたい評判のアルギニンとボーンペップ