肥満になると身長の伸びが悪くなるの?

肥満と身長の伸びに関係があった?

肥満と身長の伸びの関係として、成長期に太ることで、大切な成長ホルモンが、順調に分泌されなくなるためです。肥満度のレベルが上がるほど、身長にも影響を与えることになりますし、成長ホルモンは健康に直結しています。

子供たちが成長をして、身長も順調に伸びていくのは、成長ホルモンが順調に分泌されてのことです。

体重が増加しすぎてしまうと、体内から成長ホルモンは分泌がされにくくなります。

身長が伸びていくのに必要な成長ホルモンが、とてもゆっくりな分泌になるのですから、身長が思うようには伸びなくなるのもうなずけることです。

成長ホルモンをたくさん分泌させる4つの方法

 

肥満は思春期でも避けたいもの

人間は思春期を迎えるまでの期間に、身長も伸びやすい時期を迎えます。体重が増えて肥満になると、思春期の時期はそれだけ早くなります。

体内の皮下脂肪にも酵素があり、骨が成熟していくホルモンをつくりますが、その生成が早い時期に終わってしまうので、身長が本当は伸びていく時期に、伸び悩みを見せる結果を招いてしまいます。

人の身長は10代のうちに伸びるものではありますが、思春期の時期までにどれほど伸ばすことが出来るか、ここが身長を伸ばすキーポイントです。

思春期を無駄に早く迎えてしまうことは、身長が伸びゆくことに歯止めをかけることにもなるので、良い結果とは言えないです。

子供時代に肥満になると、まだ幼い頃であれば成長自体が、周りの標準体重の子供よりも早く感じられます。だから体も、周りの子供よりも大きくなるように感じるものの、それは一定の時期から止まります。

身長が伸びるのは、ある時期から止まりますので、周りの子供よりも低身長になる可能性が高くなるばかりです。

子供の肥満は時代的な事も関わる問題ですが、子供に無理な大人並みのダイエットはかわいそうです。しかし子供の場合はじつは大人よりも痩せやすいので、基本的な食事を管理すること、運動をすることで、意外と標準体重に戻ることができるのも、子供ならではの特権です。

身長サプリで中学生の子どもの背を伸ばしたい