肥満になると身長の伸びが悪くなるの?

肥満と身長の伸びに関係があった?

 

肥満と身長の伸びの関係として、成長期に太ることで、大切な成長ホルモンが、順調に分泌されなくなるためです。

 

肥満度のレベルが上がるほど、身長にも影響を与えることになりますし、成長ホルモンは健康に直結しています。

 

子供たちが成長をして、身長も順調に伸びていくのは、成長ホルモンが順調に分泌されてからです。

 

体重が増加しすぎてしまうと、体内から成長ホルモンは分泌がされにくくなります。

 

身長が伸びていくのに必要な成長ホルモンが、とてもゆっくりな分泌になるのですから、身長が思うようには伸びなくなるのもうなずけることですよね。

 

 

肥満で思春期のスタートが早まる

 

人間は思春期を迎えるまでの期間に、身長が最も伸びやすい時期を迎えます。

しかし体重が増えて肥満となると、思春期の時期はそれだけ早くなります。

 

体内の皮下脂肪には酵素があり、骨が成熟していくホルモンをつくりますが、その生成が早い時期に終わってしまうので、身長が本当は伸びていく時期に、伸び悩みを見せる結果を招いてしまうのです。

 

人の身長は10代のうちに伸びるものではありますが、思春期が始まるまでにどれほど伸ばすことが出来るか、ここが身長を伸ばすキーポイント。

 

思春期を無駄に早く迎えてしまうことは、身長が伸びることに歯止めをかけることにもなるので、良い結果とは言えないでしょう。

 

子供時代に肥満になると、まだ幼い頃であれば成長自体が、周りの標準体重の子供よりも早く感じられます。

 

だから体も、周りの子供よりも大きくなるように感じるものの、それは一定の時期から止まります。

 

子供の肥満は時代的な事も関わる問題ですが、子供に無理な大人並みのダイエットはかわいそうと思いがちです。

 

しかし子供の場合は大人よりも痩せやすいので、基本的な食事を管理すること、運動をすることで、意外と簡単に標準体重に戻ることができます。

 

子供のうちからの肥満を避けるよう努力していきたいものですね。

 

 

大人になっても身長を伸ばしたい

 

大人でも身長を伸ばしたい

 

一般的には成人になってしまうと背を伸ばすことが子供のときより難しいとされています。

 

理由としては、身長が伸びるために必要となる骨端線が大人になってしまうと消えてしまうためとなります。

 

骨端線が消えてしまう時期としては、男性ですと17歳から19歳、女性ですと、15歳から17歳頃までと言われています。

 

ただ、こちらの成長期を過ぎてしまった場合でも骨端線は残っている可能性もあり、中には20代の中盤まで残っているという方もいるようです。

 

年齢が若いほど残っている可能性もあるため、20代前半の方は成長ホルモンの分泌を促進させる習慣を行ってみるのも一つの手段となります。

 

成長ホルモンの分泌を促進させる方法としては、アルギニン、亜鉛などを含むおすすめサプリの摂取または睡眠の見直しとなります。多く分泌される時間帯としては、夜の10時から午前2時となり、この時間帯に眠るようにしていきましょう。

 

骨端線が残っているかどうか気になるという方もいるかと思いますが、確認する方法としてはレントゲンを撮る方法しかないようです。

 

怪我をしていない場合は保険が適用されないため、レントゲンを撮影するだけでも5千円から7千円程度の費用が掛かってしまいます。それでも確認したいという場合は病院で撮影してもらうことを検討してみると良いでしょう。

 

大人になってからも身長を伸ばす方法

 

骨端線が無くても身長を伸ばすことはでき、手術を行うことで身長を伸ばすことが可能となります。身長を伸ばすための手術は費用が高く、費用が高いだけでなく副作用のリスクもあり、手術を受けるお金が合っても手術まで踏み出せない方のほうが多いでしょう。

 

費用が掛からず、リスクもない方法としては、ヨガやストレッチとなります。ヨガでは様々なポーズをすることになりますが、ポーズを行うことによって身体の歪みを元に戻すことができます。

 

体の歪みを元に戻すことによって身長が伸びるというわけではなく、本来の伸長に戻すことができるというわけです。ポーズを行っていくことで、本来の伸長に戻すことができますが、効果としてはポーズを行う前よりも数センチ身長が伸びたという方もいるようです。

 

効果は個人差があり、体の歪みが少ないという方は、身長の伸びも少なくなるので、その点については把握しておくようにしましょう。

 

ノビルンの口コミ|中学生から始めたい評判のアルギニンとボーンペップ