親の背が高いと、遺伝で子供の身長も高くなるのか?

身長と遺伝の関係性とは

身長はどうやって伸びるのか、どこまで伸びるのかを考えた時に遺伝なら仕方がないと思ってしまう事が多々あります。

確かに親の身長が低かったから、もう伸びないかなと諦めてしまう事もあるかもしれません。

しかし、身長の高さは遺伝の仕組みだけで全て決まる事はありません。

成長の要素に遺伝が全く関係していないという事はありませんが、後天的な要素で身長の伸び方や伸びる時期が大きく変わってくるのも事実です。

ただ、身長が極端に低い場合、染色体やホルモンの異常の可能性もあります。また、骨の病気が原因となっているケースもあるので注意が必要です。

どのような事が身長に関係していくるかと言いますと、食事等による栄養、睡眠、運動、病気や怪我、ストレス、愛情、環境といったように多岐に渡っており、さまざまな事が絡み合って身長や成長の要素に繋がっています。

生活環境によって身長は大きく変わってきまして、努力によっては大きく成長する事ができます。

遺伝も大きな割合で身長に関わっており、基礎の部分はやっぱり遺伝によるものが大きいとも言えます。

 

身長が伸びる高さは遺伝で何パーセントを占めてるのか?

ある研究者の論文の発表では人間の身長の80%は遺伝率によって決まっており、残りの20%が他の影響だという発表がありました。

父親と母親からの遺伝による8割の確率で基礎が決まっており、残りでいくら伸ばせるかどうかという事になり突然変異はないです。

また遺伝と言いましても両親の身長が低いから子供が低いという事は決してなく、両親の両親である祖父や祖母も関係していて隔世遺伝している事も家族ではよくある話です。

それに骨格が遺伝で伝わる時は男性女性関わらず、どちらかといえば母親に影響される事が大きいと言われています。

このように子供にとって身長の大きさは遺伝が大きく関係していますが、隔世遺伝もありますから両親だけではなく祖父や祖母の身長も相関していますし、兄弟姉妹のよってもバラツキがあります

後天的な要素も身長には大事になってきており、成長期での成長ホルモンや甲状腺ホルモンの分泌によって身体を大きくする事ができますので
食事の栄養・睡眠の質・適度な運動といった生活習慣を意識しながら生活する事によって成長に繋げる事ができます。

身長は遺伝が全てではありませんから上手く日常生活を送る事によって伸ばす事が可能であり、家族の中で自分だけが身長が高いという事も珍しくありません。

 

身長を伸ばすための成長ホルモン

人間の成長に必要な成長ホルモンは、脳の下垂体から分泌されます。しかし、脳の外傷などで成長ホルモンが十分に分泌されないと、身長が伸びにくくなります。検査によって成長ホルモン分泌不全が判明すれば、ホルモン治療を行います。

染色体の突然異変によって、軟骨無形性症を発症すると、体に比べて手足が短くなります。この場合、骨延長手術が有効です。

女性の場合、ターナー症候群という染色体異常で低身長になるケースもあります。
低身長を改善するには、まず原因を把握して、治療が必要な場合は早めに治療を始めることが大切です。

生活環境で注意すべきことは、睡眠、栄養、運動です。

この3つが改善されたことで、身長が伸びたケースは少なくありません。

身長を伸ばすために必要となる成長ホルモンは、夜眠っている時に大量に分泌されます。眠りが浅いと成長ホルモンは分泌されにくくなるので、深くて質の良い睡眠を取ることができるように、睡眠環境を整えることが大事です。

成長ホルモンをたくさん分泌させる4つの方法

睡眠と同様に重要なのが、栄養です。

特に、筋肉や骨を作って成長ホルモンの分泌を促すタンパク質は、不足しないように気を付ける必要があります。また、骨を丈夫にするカルシウムやマグネシウム、亜鉛も十分に摂取するようにします。
栄養は、栄養バランスを考えて摂取することが、すごく大切です。

適度な運動も、骨に刺激を与えるので、成長にとって大事です。運動することで、質の良い睡眠をサポートすることができます。

背を伸ばせる部活・スポーツはなにがいいのか?

子どもの背を伸ばすストレッチ