親の背が高いと、遺伝で子供の身長も高くなるのか?

親の身長が高いと遺伝で子供も高くなりやすい

 

身長はどうやって伸びるのか、どこまで伸びるのかを考えた時に遺伝なら仕方がないと思ってしまう事が多々あります。

 

確かに親の身長が低かったから、もう伸びないかなと諦めてしまう事もあるかもしれません。

 

しかし、身長の高さは遺伝の仕組みだけで全て決まる事はありません。

 

成長の要素に遺伝が全く関係していないという事はありませんが、後天的な要素で身長の伸び方や伸びる時期が大きく変わってくるのも事実です。

 

ただ、兄弟間でも身長が極端に低い場合、染色体やホルモンの異常の可能性もあります。また、骨の病気が原因となっているケースもあるので注意が必要です。

 

どのような事が身長に関係していくるかは、遺伝だけでなく食事等による栄養、睡眠、運動、病気や怪我、ストレス、愛情、環境といったように多岐に渡っており、さまざまな事が絡み合って身長や成長の要素に繋がっているのです。

 

確かに生活環境によって身長は大きく変わってくるので、努力によっては大きく成長する事は可能。

 

しかしながら、遺伝も大きな割合で身長に関わっており、基礎の部分はやっぱり遺伝によるものが大きいので親の遺伝で子供の背もある程度決まってきます。

 

 

身長が伸びる高さは遺伝で何パーセントを占めてるのか?

 

ある研究者の論文の発表では人間の身長の約20%は遺伝率によって決まっており、残りの80%が他の影響だという発表がありました。

 

父親と母親からの遺伝による2割の確率で基礎が決まっており、残りでいくら伸ばせるかどうかという事になり突然変異はないです。

 

また遺伝と言いましても両親の身長が低いから子供が低いという事は決してなく、両親の両親である祖父や祖母も関係していて隔世遺伝している事も家族ではよくある話です。

 

それに骨格が遺伝で伝わる時は男性女性関わらず、どちらかといえば母親に影響される事が大きいと言われています。

 

このように子供にとって身長の大きさは遺伝が大きく関係していますが、隔世遺伝もありますから両親だけではなく祖父や祖母の身長も相関していますし、兄弟姉妹のよってもバラツキがあります

 

後天的な要素も身長には大事になってきており、成長期での成長ホルモンや甲状腺ホルモンの分泌によって身体を大きくする事ができますので、食事の栄養・睡眠の質・適度な運動といった生活習慣を意識しながら生活する事によって成長に繋げる事ができます。

 

身長は遺伝が全てではありませんから上手く日常生活を送る事によって伸ばす事が可能であり、家族の中で自分だけが身長が高いという事も珍しくありません。

 

 

子供の身長が伸びない、うちの子は低身長なのか不安

 

子どもが低身長かどうか不安

 

親にとっては子どもが病気や怪我、障害に見舞われることなく健康で過ごしてくれたら良いと感じるものです。

 

当人においては身長が平均よりも低いというだけで外出ができなくなるほど自信喪失してしまいますし、男の子ならなおさらです。

 

しかし、一言で身長が低いとは言っても明確な基準があるわけではないですし、仮に平均よりも高かったとしても高みを目指す性格であれば物足りなさを感じてしまうでしょう。

 

そこで、一つの指針として判断基準になるのが男女共に実測した値から標準値を差し引き、偏差で割るという計算方法により導き出される値です。

 

近年ではウェブサイト上にて入力フォームが用意されており、数字を入れるだけで迅速にSD値を判明する情報サービスも提供されているので、計算が苦手でも知ることが可能です。

 

こうした身長に纏わる話においては古くから遺伝が大きく関係しており、実際に身を持って感じている方も多いのですが科学的根拠は無いとされています。

 

そのため、父が恵まれた体格であったとしても子どもは小柄なまま成長が止まってしまうということは珍しくありません。

 

そういった場合に深く関係している原因と言われているのが、栄養不足などにより甲状腺ホルモンや成長ホルモン分泌が少なかったり異常をきたしているということです。

 

これらのホルモンに不都合が生じている時は、男女どちらにおいてもホルモン治療を実行するとサポートさせられます。

 

ただし、早い段階から訴求していかなければ効果が得られないので、日増しに大きくなっていく思春期にいつまでも小さいままであると感じた時はすぐに病院に検査や相談に訪れてみましょう。

 

また、女性が陥る特性があることとして染色体異常があり、ターナー症候群という病名で取り扱いされています。

 

2000人もしくは2500人のうち1人の割合で持ち合わせてしまう異常であり、染色体に欠けが発生していることで起こることが判明しています。

 

さらに背の高さに限らず、将来的に妊娠が難しくなるリスクも高いので取り分けて注意が求められます。

 

 

子供のうちから身長コンプレックス?

 

子どもが身長でコンプレックス

 

身長は親の遺伝の他に食事や運動、睡眠等の環境が含まれます。思ったより背が思うように伸びなくて悩んでいる子供は少なくはありません。

 

しかし、食事や運動等、自分で努力することによって身長はある程度まで伸ばすことができるかもしれませんが、遺伝的要素が強くて思うように伸びず、逆に低身長であることにコンプレックスを持ってしまう人もいます。

 

 

身長コンプレックスに悩まないで!

 

女性を含む周りの人は「身長が高いか低いか」などということは、自分が思うほど気にしてはいないものです。

 

いくら背が低くたってそれを補う人間的魅力があったり、人を唸らす秀でた何かを持っていれば、周りの人は身長の低さなどは全く問題にしないでしょう。

 

ひと昔前に流行った女性の理想の結婚相手の条件「3高」のひとつである「高身長」も、現在では過去のものとなり、背が低くても家事に協力的だったり、社会が不況に陥ってもそれを乗り切れるバイタリティーのある男性の方がずっと好まれるようになりました。

 

こうやって考えてみると、身長が低いことを1番気にしているのは本人とその親で、しかしそれは十分に克服可能と言えそうです。

 

それでもどうにかしたいという場合は、身長を伸ばすことにつながる食事や運動を心がけ、サプリ等を試してみるのも良いかもしれません。

 

特に両親ともに低身長だという場合は子供が成長期に入る前から気にかけてあげてください。

 

しかし、親が心配し過ぎることが逆に子供のコンプレックスを促してしまうことにならないとも限りません。

 

ですから、いたずらに背が低いことを心配するのではなく、背が低くても本人がそれを気にすることなく明るく伸び伸び成長することができるような環境をつくることが肝心なのではないでしょうか。

 

特に遺伝的要素が強くて低身長になった場合は、背が低くても幸せな結婚をして仲良く暮らしている両親を目の当たりにして育つことで、自然にコンプレックスを克服し、人間の価値は背の高さで決まるものではないということを理解することができるでしょう。

 

 

身長を伸ばすための成長ホルモン

 

人間の成長に必要な成長ホルモンは、脳の下垂体から分泌されます。

 

しかし、脳の外傷などで成長ホルモンが十分に分泌されないと、身長が伸びにくくなります。検査によって成長ホルモン分泌不全が判明すれば、ホルモン治療を行います。

 

染色体の突然異変によって、軟骨無形性症を発症すると、体に比べて手足が短くなります。この場合、骨延長手術が有効です。

 

また女性の場合、ターナー症候群という染色体異常で低身長になるケースもあります。

 

低身長を改善するには、まず原因を把握して、治療が必要な場合は早めに治療を始めることが大切です。

 

 

子供に成長ホルモンをたくさん分泌させる方法

 

成長ホルモンとは、子供でも大人でも神経と関連して体の機能の安定させる重要なホルモンの一つです。

 

なるべく成長ホルモンを分泌させる方法は次の4つとなります。

 

1.ぐっすり眠り、質の高い睡眠をとり成長ホルモン分泌アップ

・なるべく部屋を暗くして寝る
・寝る前の1時間までの間はテレビやスマフォを控えて脳の刺激を減らす
・寝る前にお風呂に入って体温を温めておく
・寝返りしやすい、高反発マットレスを使う

 

2.ストレッチや有酸素運動をして成長ホルモン分泌アップ

・汗をかかない程度に筋肉や体をほぐしておいて、体の新陳代謝をあげる
・頭でなくて体全体を少し疲れさせる

 

3.食事を早くすませて寝て成長ホルモン分泌アップ

・ある程度、空腹状態にし血糖値を下げて、胃壁を刺激する
・血糖値があがるとインスリン分泌され成長ホルモン分泌が抑えられる
・胃腸に血液がなるべく増やさないようにし、体全体に血液が巡るようにする

 

4.良質なタンパク質中心の食事

・豆、肉、魚、卵などカロリーに気をつけてバランスよくとる
・なるべく間食をさけて、お腹のすく時間を作る
・甘いもの、油が多いものは避けて血糖値をあげないようにする

 

 

成長ホルモンの主な働きには、集中力や記憶力を高めたり、疲れをとったり、気分の低下を防ぐ、成長期の子供の骨の成長、免疫機能を正常に保つ、新陳代謝を高め、肌のターンオーバーや筋肉の成長を促すなどさまざまです。

 

 

こうして見てみると成長ホルモンを分泌させるというこは、健康的な生活の見本となるような生活を送るということです。

 

大人になるとなかなかできないことが多いので、子供のうちから健康な生活リズムを教えてあげてください。

 

親の背がせっかく高くても、子供の身長が思うように伸びない場合には、生活環境を変えるよう努力したほうがいいですね。

 

子供が今すぐでもできそうな課題を1つや2つ決め、少しでも成長ホルモンが分泌しやすい環境づくりになるよう心がけたいものです。

 

 

ノビルンの評判