カルシウムだけでなくマグネシウム・鉄分・ビタミンなども身長に必要な栄養素

 

身長アップに必要な栄養はカルシウムだけでない?

身長は主に成長期に伸びます。小学校高学年から中学生の頃にかけて、男性の身長は最も大きく変化します。

しかし、その頃に十分なカルシウムを摂取しなければ、本人の遺伝子に高身長のポテンシャルがあったとしても、実際には伸び悩みます。

カルシウムは牛乳やチーズといった乳製品に多く含まれています。

乳製品を普段からよく食べている方は特に気を使う必要はありませんが、一方で体質的に牛乳やヨーグルトやチーズ等を苦手にしている方々は慢性的に不足しがちです。

また身長を伸ばすための栄養素はカルシウムだけではありません。

 

マグネシウムや鉄分などのミネラル、そしてビタミンといった栄養素もバランス良く摂取しなければ、身長は効率良く伸びません。

しばしば子どもの身長を伸ばすために、牛乳やチーズだけを大量に買い与える保護者の方々がいらっしゃいます。

骨の成長にはカルシウムが欠かせませんが、それだけでは効率的な身長アップは出来ません。

同時にマグネシウムや鉄分、ビタミンの摂取が不可欠であり、乳製品に加えて緑黄色野菜や根菜、そして新鮮なフルーツ類の摂取が大事です。

マグネシウムや鉄分、そしてビタミンは主に野菜類や果実類から摂取する栄養素であり、いわゆる野菜嫌いの子供たちは慢性的に不足しやすいため、要注意です。

最近ではマグネシウムや鉄分、ビタミンにそれぞれ便利なサプリメントが用意されています。

ミネラルをとるには野菜がミネラルが豊富でよいとされています。

しかし、昔に比べて野菜に含まれるミネラルは減少していのが現実ですが、それでもまだ野菜を食べないよりはましです。

野菜嫌いの子供たちならなおさらですね。

ミネラル成分の栄養をサポートしたいなら、普段の食材そのものだけではなく、サプリメントを活用してみるのもオススメです。

 

必要な栄養のための食事のレシピはアミノ酸