この記事は約 2 分で読めます

子どもが身長でコンプレックス

子供のうちから身長コンプレックス?

 

身長を決める要素というのは、遺伝の他に食事や運動、睡眠等の環境が含まれます。背が思うように伸びなくて悩んでいる男性は少なくはありません。

 

本当に子どもの背を伸ばす方法はあるのか?

 

しかし、食事や運動等、自分で努力することによって身長はある程度まで伸ばすことができるかもしれませんが、遺伝的要素が強くて思うように伸びず、低身長であることにコンプレックスを持ってしまう人もいます。

 

 

身長コンプレックスに悩まないで!

 

女性を含む周りの人は「身長が高いか低いか」などということは、自分が思うほど気にしてはいないものです。いくら背が低くたってそれを補う人間的魅力があったり、人を唸らす秀でた何かを持っていれば、周りの人は身長の低さなどは全く問題にしないでしょう。

 

ひと昔前に流行った女性の理想の結婚相手の条件「3高」のひとつである「高身長」も、現在では過去のものとなり、背が低くても家事に協力的だったり、社会が不況に陥ってもそれを乗り切れるバイタリティーのある男性の方がずっと好まれるようになりました。

 

こうやって考えてみると、身長が低いことを1番気にしているのは本人とその親で、しかしそれは十分に克服可能と言えそうです。

 

それでもどうにかしたいという場合は、身長を伸ばすことにつながる食事や運動を心がけ、サプリ等を試してみるのも良いでしょう。

 

 

身長サプリによく入っている栄養の成分

 

特に両親ともに低身長だという場合は子供が成長期に入る前から気にかけてあげてください。

 

しかし、親が心配し過ぎることが逆に子供のコンプレックスを促してしまうことにならないとも限りません。

 

ですから、いたずらに背が低いことを心配するのではなく、背が低くても本人がそれを気にすることなく明るく伸び伸び成長することができるような環境をつくることが肝心なのではないでしょうか。

 

特に遺伝的要素が強くて低身長になった場合は、背が低くても幸せな結婚をして仲良く暮らしている両親を目の当たりにして育つことで、自然にコンプレックスを克服し、人間の価値は背の高さで決まるものではないということを理解することができるでしょう。

 

身長コンプレックスにならないため子どものうちからノビルンで準備しておこう