学校の給食では、子供が成長しやすい栄養を十分とれるの?

学校での子供たちへの給食メニューの工夫

学校の給食は成長期の児童が日々の生活を健康的に過ごせるようにと、牛乳を含め栄養バランスがとれた食事ができるように工夫されています。

今日、国民の生活水準は向上し食生活が豊かになったといわれていますがその反面、偏ったり不規則な食事が原因となる栄養のバラツキや集中力の低下や疲れといった問題が指摘されています。

そういった問題を少しでも改善すべく、学校給食ではおいしく食べるとともに多様な食品の組み合わせや栄養バランスが考えられています。

給食を食べる時期は身体的・精神的にも急速に成長する時期であり、バランスのとれた食生活を送る事が重要となります。脂肪や糖分、塩分に配慮して食事をとる習慣を身につけることで、将来の生活習慣病の予防にもつながると考えられています。

健康な生活を送るには1日3回の食事が必要となります。

給食は栄養バランスを考えられて作られておりタンパク質は1日に必要な摂取量の1/3が摂取できるように作られています。

背を伸ばすために必要な栄養素はアミノ酸?

成長に必要な栄養をとることはできますが、給食だけでなく残りの2食もバランスよく食事をとることが大切となります。

 

学校の給食のメリットはたくさんある

給食では成長に必要な栄養がバランスよく摂取できるという特徴以外にも、児童全員で楽しく食べるという体験を通して、人間関係を豊かにしていくという目的もあります。

給食指導として大勢で食事をすることで食事のマナーを身につけることができ、食器や箸の持ち方をはじめ、食事中の姿勢といった基本的なマナーが自然と身についていきます。児童自らが給食の用意や後片付けをすることで、協力して配膳をすることもできます。

日々栄養バランスのとれた給食を食べることで、食品の種類や働き方を理解するようになり健康に良い食事方法が分かるようになってくるとも言われています。

また、日本の伝統的な食文化である米を中心とした和食に関心をもち、郷土ならではの食材や地域文化に触れることもできるため、心も豊かになると考えられています。