大人になっても背を伸ばしたい

大人になっても身長を伸ばしたい

一般的には成人になってしまうと背を伸ばすことが子供のときより難しいとされています。

理由としては、身長が伸びるために必要となる骨端線が大人になってしまうと消えてしまうためとなります。

骨端線が消えてしまう時期としては、男性ですと17歳から19歳、女性ですと、15歳から17歳頃までと言われています。

ただ、こちらの成長期を過ぎてしまった場合でも骨端線は残っている可能性もあり、中には20代の中盤まで残っているという方もいるようです。

年齢が若いほど残っている可能性もあるため、20代前半の方は成長ホルモンの分泌を促進させる習慣を行ってみるのも一つの手段となります。

身長は何歳までいつまで伸びるのか?

成長ホルモンの分泌を促進させる方法としては、アルギニン、亜鉛などを含むおすすめサプリの摂取または睡眠の見直しとなります。多く分泌される時間帯としては、夜の10時から午前2時となり、この時間帯に眠るようにしていきましょう。

骨端線が残っているかどうか気になるという方もいるかと思いますが、確認する方法としてはレントゲンを撮る方法しかないようです。

怪我をしていない場合は保険が適用されないため、レントゲンを撮影するだけでも5千円から7千円程度の費用が掛かってしまいます。それでも確認したいという場合は病院で撮影してもらうことを検討してみると良いでしょう。

 

大人になってからの身長を伸ばす方法

骨端線が無くても身長を伸ばすことはでき、手術を行うことで身長を伸ばすことが可能となります。身長を伸ばすための手術は費用が高く、費用が高いだけでなく副作用のリスクもあり、手術を受けるお金が合っても手術まで踏み出せない方のほうが多いでしょう。

費用が掛からず、リスクもない方法としては、ヨガやストレッチとなります。ヨガでは様々なポーズをすることになりますが、ポーズを行うことによって身体の歪みを元に戻すことができます。

体の歪みを元に戻すことによって身長が伸びるというわけではなく、本来の伸長に戻すことができるというわけです。ポーズを行っていくことで、本来の伸長に戻すことができますが、効果としてはポーズを行う前よりも数センチ身長が伸びたという方もいるようです。

効果は個人差があり、体の歪みが少ないという方は、身長の伸びも少なくなるので、その点については把握しておくようにしましょう。