背を伸ばす睡眠方法

背を伸ばせる睡眠の仕方とは

正しく睡眠をとることは、心と体の成長につながります。これは成長ホルモンが、睡眠中に活発になるためであり、睡眠時間をきちんととれる生活を送ることで、背を伸ばす効果につながります。

睡眠と背が伸びる関係として、カルシウムだけでなく成長ホルモンがあげられます。成長ホルモンを引き出すには、良い睡眠が必要となりますが、ただ成長期に睡眠時間を多くとれば良いものではありません。

成長ホルモン分泌をたくさん出す4つの方法

成長ホルモンは夜の10時から深夜2時にかけて分泌量が増えるので、この時間に深く眠っていることが身長を伸ばす為に大切となります。

睡眠にはノンレム睡眠と、レム睡眠とがあります。浅い眠りはレム睡眠、深い眠りはノンレム睡眠と呼びますが、背を伸ばすには寝てから3時間以内にノンレム睡眠にする必要があります。

ノンレム睡眠にするには、寝る前にパソコンやスマートフォンの画面を見ない、入浴は眠る時間の1時間前にすましておく、夕食は規則正しく行い寝る2時間前に食べない、運動は午前中か午後の早い時に行う、昼寝は30分程度に済ませ、夜にしっかりと眠る習慣をつけるということが大切になります。

特にスマートフォンやパソコンの画面を見てしまうと、脳が興奮状態になってしまうので深く眠ることができません。寝る前にはさわらないことが大切になってきます。

また、入浴も寝る直前にしてしまうと身体が冷めきっていないので眠気が起きにくくなります。逆算してどの時間に入ったら良いのか考えてみるようにします。

この他、寝る際には、横向きになったり猫のように丸くなったりしないで、仰向けで寝ると背骨が伸び、背も伸びやすくなります。

大人の場合は横向きの方が睡眠時無呼吸症候群になりにくく良いとされていますが、子供の場合は背骨の成長に関わってくることがあります。

あまりにも横向きになっていることが多いようであれば、そっと仰向けにしてみると良いでしょう。その場合も睡眠を阻害しないように注意します。

思春期には食べ物に注意するほか、寝る環境を整えることで、背が伸びる可能性が高くなります。

栄養をカバーするサプリメントをとるほかにも部屋の温度やマットレスの硬さに注目するとともに睡眠の仕方、方法を見直すようにしたほうがいいでしょう。

身長サプリによく入っている栄養の成分