背が高くなる運動、スポーツはなにがおすすめなのか?

 

子供の運動不足を対策したい

 

子供を健やかに育てていくためには普段の生活をきちんとサポートしなくてはなりません。

 

親から子へと身長を伸ばすために干渉できる事は食事等の栄養素の摂取、たくさんの睡眠が挙げられますが、運動も大変重要な事として挙げられます。

 

特に、近年では身の回りにゲーム機やスマフォが浸透しているため、大人も子供も運動する機会も減っておりますます背を伸ばす適切な体内環境を整える事が難しくなっています。

 

 

背が伸びやすいスポーツはあるのか?

 

子どもが成長期に、身体を動かして体に刺激を与えることは、背を伸ばす方法としてとても大事なこと

 

運動の他に睡眠と栄養素も必要です。

 

運動をすれば、成長ホルモン分泌の活発化と、骨の軟骨部や筋肉に刺激を与えられます。
さらに骨に対しては、縦方向に刺激を与える適度な運動が望ましいのです。

ですから部活でバスケやバレーのスポーツをしていれば、背が伸びやすい効果があるわけではありません。

 

部活でどのスポーツをすればいいのかは特になく、他の要因が関わってきます。

あくまで、縦方向に刺激を与える適度な運動という点で、全身を使ったスポーツが、体全身の骨に多くの刺激を与えられ、成長ホルモンの分泌によって骨が伸びていきます。

 

部活で選手になり活躍させていきたいならば、なおさら気を使いたいもの。

日光を浴びるとビタミンDもできるので屋外で運動するのもいいものでしょう。

 

 

成長期にオススメできない運動

 

・極端に筋力を付けるための過度の筋トレ

・極度の疲労をともなう運動

 

成長期で気をつける点は、何事にも当てはまりますが、バランスよく、適度の量をし体全身に刺激を与えていくことが大事です。

 

スポーツの得手不得手は、他に運動神経や個人のセンスの差もあるので興味があり、やりたいスポーツを続けさえるといいでしょう。

 

やりたくないスポーツで多くのストレスを感じるのであれば、逆にマイナスとなってしまいます。逆に体をほぐす程度のストレッチがおすすめとなるでしょう。

 

 

身長を伸ばしたときのおすすめストレッチ

 

運動をする上で一番重要なのは最初から子供の体に負荷を与えすぎないという事が重要で、運動を意図的に促す場合には、最初は筋肉のつきにくいストレッチの様な軽めのメニューがおすすめです。

 

例えばタブレットやスマフォに目を落とす事が増えているため背骨を丸めてしまう子供がいますが、これは子供の発育上大変良くないので背伸びをして適度に体のコリをほぐすようにしてください。

 

背骨と大きく干渉している腕のコリに関しても解消する必要があるので、両手を組み後ろに伸ばすようにしてストレッチを行ってください。

 

注意点としてこのストレッチを行う時には背骨を丸めるような姿勢を保たない事が重要で、胸を張る様にして腕を後ろに伸ばしてください。

 

継続時間としては30秒を目安としゆっくり伸ばすようにすると、身長を伸ばすための体内環境が整いやすくなるので子どもにストレッチを促す時には姿勢に注目してあげるようにしてください。

 

そして次に行うのがキャットバックというストレッチでこれは四つん這いになり、上体を反らすようにして背骨を伸ばすストレッチを行う事で上体全体のコリをほぐす事ができるのです。

 

ポイントとしては天井を見るようにして上体を反らす事で最初はつらく感じるかもしれませんが、ゆっくり10回できるようにお子さんと一緒にやる事をお勧めします。

 

最後に行うのが下半身のストレッチで、これは立膝のポーズを基本としてそこから腿の部分を伸ばすような運動を両方の足で行います。

 

その後に片方の足を曲げ片方の足を延ばすような座り方をして下半身全体を使った運動を行って終了です。

 

継続的に行うには親子で揃ってやる事が一番なので、子供の成長のためにも今日から実践してみる事をお勧めします。

 

寝る前にでもストレッチをする習慣がつけば、成長ホルモンの分泌やカルシウムばかり目が行ってた成長期の子どもにも効果があるかもしれません。

 

子どもの背を伸ばすためにしてあげたいことはたくさんありますよね。

 

 

プロテインは子供の身長を伸ばせるおすすめできるのか?

 

 

自分の子供の身長が、他の子供と比べて小さいことを心配する両親は少なくないでしょう。特に子供自身が身長の小ささを気にしている場合は、その悩みはより深刻に感じられるかもしれません。

 

そこで背を伸ばすための方法として、プロテインに効果があるという話を耳にし、プロテインを配合したサプリメントなどの商品を購入したいと考える人もいるでしょう。

 

それではプロテインには実際に、子供の身長を伸ばす効果があるのでしょうか。

そもそもプロテインとは何かという点から考えると、日本語で言うタンパク質のことです。

 

タンパク質は筋肉などの体の組織の原料になるものなので、大人にも当然必要な栄養素なのですが、成長期の子供にとっては、その必要性はより高いと言えます。

 

ではそのプロテインで食事以外にタンパク質を積極的に取り入れることで、本当に子供の身長が伸びるのかという疑問については、その可能性は期待できると言えるでしょう。

 

 

プロテインのほかに成長によい栄養

 

そもそも子供の成長には、適切なバランスの栄養を摂取すること、適度な運動をすること、睡眠をしっかりととることなどが必要で、さらに身長に関しては遺伝的な要素が関係してきます。

 

プロテインはそれらの中でも、栄養の部分にのみ関係しているものです。

 

タンパク質が普段の食生活の中で不足しており、それが原因で子供の身長が伸びにくくなっているという場合には、プロテインを適切に摂取することによって、身長が伸びるために必要な状況が整うことが期待できます。

 

とは言えタンパク質だけではなく、アルギニンなどのアミノ酸やカルシウム、ビタミンなど全体的に栄養が不足しているような場合には、プロテインの摂取による効果はあまり期待できないでしょう。

 

成長ホルモンを分泌させるには、適切な栄養素をバランス良く摂取することが肝心だからです。

 

プロテインと子供の身長に関しては、逆に身長が伸びるのを阻害するという噂があるのですが、それは間違いだとされています。

 

 

その噂は、プロテインがボディビルダーによく使用されているので、それを取り入れることで筋肉がつきすぎて、身長の伸びを邪魔してしまうという心配から来ているようです。

 

しかしボディビルダーは筋肉を付けるための特殊なトレーニングをしているわけで、そうでない子供にそのような影響は考えられません。

 

もちろんジュニア向けのおすすめできるプロテインもあり、骨ばかりでなく筋肉の成長も大事であることは間違いありません。

 

 

ノビルンの口コミ|中学生から始めたい評判のアルギニンとボーンペップ