この記事は約 2 分で読めます

子供の運動不足を対策したいなら

 

子供を健やかに育てていくためには普段の生活をきちんとサポートしなくてはなりません。

 

親から子へと身長を伸ばすために干渉できる事は食事等の栄養素の摂取、たくさんの睡眠が挙げられますが、運動も大変重要な事として挙げられます。

 

特に、近年では身の回りにゲーム機やスマフォが浸透しているため、大人も子供も運動する機会も減っておりますます背を伸ばす適切な体内環境を整える事が難しくなっています。

 

 

身長を伸ばしたときのおすすめストレッチ

 

運動をする上で一番重要なのは最初から子供の体に負荷を与えすぎないという事が重要で、運動を意図的に促す場合には、最初は筋肉のつきにくいストレッチの様な軽めのメニューがおすすめです。

 

例えばタブレットやスマフォに目を落とす事が増えているため背骨を丸めてしまう子供がいますが、これは子供の発育上大変良くないので背伸びをして適度に体のコリをほぐすようにしてください。

 

背骨と大きく干渉している腕のコリに関しても解消する必要があるので、両手を組み後ろに伸ばすようにしてストレッチを行ってください。

 

注意点としてこのストレッチを行う時には背骨を丸めるような姿勢を保たない事が重要で、胸を張る様にして腕を後ろに伸ばしてください。

 

継続時間としては30秒を目安としゆっくり伸ばすようにすると、身長を伸ばすための体内環境が整いやすくなるので子どもにストレッチを促す時には姿勢に注目してあげるようにしてください。

 

そして次に行うのがキャットバックというストレッチでこれは四つん這いになり、上体を反らすようにして背骨を伸ばすストレッチを行う事で上体全体のコリをほぐす事ができるのです。

 

ポイントとしては天井を見るようにして上体を反らす事で最初はつらく感じるかもしれませんが、ゆっくり10回できるようにお子さんと一緒にやる事をお勧めします。

最後に行うのが下半身のストレッチで、これは立膝のポーズを基本としてそこから腿の部分を伸ばすような運動を両方の足で行います。

 

その後に片方の足を曲げ片方の足を延ばすような座り方をして下半身全体を使った運動を行って終了です。

 

継続的に行うには親子で揃ってやる事が一番なので、子供の成長のためにも今日から実践してみる事をお勧めします。

 

寝る前にでもストレッチをする習慣がつけば、成長ホルモンの分泌やカルシウムばかり目が行ってた成長期の子どもにも効果があるかもしれません。

 

 

子どもの背を伸ばすためにしてあげたいことはたくさんあります。

 

背を伸ばせる部活・スポーツはなにがいいのか?