子どもが低身長の悩み

子供が低身長なのかを調べよう

親にとっては子どもが病気や怪我、障害に見舞われることなく健康で過ごしてくれたら良いと感じるものですが、当人においては身長が平均よりも低いというだけで外出ができなくなるほど自信喪失してしまいますし、男の子ならなおさらです。

しかし、一言で身長が低いとは言っても明確な基準があるわけではないですし、仮に平均よりも高かったとしても高みを目指す性格であれば物足りなさを感じてしまうでしょう。

そこで、一つの指針として判断基準になるのが男女共に実測した値から標準値を差し引き、偏差で割るという計算方法により導き出される値です。

近年ではウェブサイト上にて入力フォームが用意されており、数字を入れるだけで迅速にSD値を判明する情報サービスも提供されているので、計算が苦手でも知ることが可能です。

こうした身長に纏わる話においては古くから遺伝が大きく関係しており、実際に身を持って感じている方も多いのですが科学的根拠は無いとされています。

本当に子どもの背を伸ばす方法はあるのか?

そのため、父が恵まれた体格であったとしても子は小柄なまま成長が止まってしまうということは珍しくありません。

そういった場合に深く関係している原因と言われているのが、栄養不足などにより甲状腺ホルモンや成長ホルモン分泌が少なかったり異常をきたしているということです。

これらのホルモンに不都合が生じている時は、男女どちらにおいてもホルモン治療を実行するとサポートさせられます。

ただし、早い段階から訴求していかなければ効果が得られないので、日増しに大きくなっていく思春期にいつまでも小さいままであると感じた時はすぐに病院に検査や相談に訪れてみましょう。

また、女性が陥る特性があることとして染色体異常があり、ターナー症候群という病名で取り扱いされています。
2000人もしくは2500人のうち1人の割合で持ち合わせてしまう異常であり、染色体に欠けが発生していることで起こることが判明しています。

さらに背の高さに限らず、将来的に妊娠が難しくなるリスクも高いので取り分けて注意が求められます。

成長ホルモンをたくさん分泌させる4つの方法