身長サプリで中学生や高校生の子供の身長を伸ばしたい

中学生や高校生の身長の悩み

子供の背が低いことで悩んでいるという人は案外たくさんいます。
背を伸ばすには中学生から高校生の時の生活が一番大事です。

特に両親ともに背が低いとなると、遺伝だから仕方がないと諦めている人も少なくはありません。しかし、まだ成長期にある高校生ならこれから背が伸びるという可能性はまだあります。背の高さが遺伝に関係する要因は一般的に20%から30%ぐらいだと言われているからです。

身長が低くて気になっているという高校生は、生活習慣を見直すことが背を伸ばす重要なポイントです。諦めてしまう前に睡眠、栄養、運動の3つを振り返ってみましょう。

中学生は一番の成長期ですから、ここでしっかりと背の伸びる生活をしておけば身長を大きく伸ばせます。

しかし、別になにか特別なことをする必要はなく、直接背を伸ばす方法もありません。

 

身長を伸ばす3つのポイント

 

要は、しっかり栄養を摂り、運動をして、さらに睡眠をとるのが一番です。栄養はとにかく好き嫌いせずに何でも食べるようにするべきです。

 

背を伸ばすにはカルシウムが必要だから牛乳を飲むといいという話はよく聞きます。

栄養のバランスが取れた食事を心がけることも大切です。

たしかに牛乳は飲んだ方がいいのですが、だからといって毎日1リットルもガブ飲みするというような極端なことはしない方がいいです。

1日にコップ2杯くらい飲んでおけば十分です。

身長を伸ばしたいならカルシウムを摂るというのは誰もが知っていることですが、
カルシウムが必要だけでなく、アルギニンやボーンペップなどのたんぱく質や亜鉛などの栄養素を含むものも意識して食べるようにしましょう。

それから、栄養のバランスが取れた食事を心がけることも大切です。身長を伸ばしたいならカルシウムを摂るというのは誰もが知っていることですが、
カルシウムが必要だけでなく、のたんぱく質や亜鉛などの栄養素を含むものも意識して食べるようにしましょう。

だいたい背を伸ばすのに必要なのはカルシウムだけではないので、1つの食べ物や飲み物だけを偏って摂るよりも、なんでもまんべんなく食べるようにした方がいいです。

ファストフードやお菓子ばかり食べていて食事の栄養素のバランスが不安なら、足りない栄養素の摂取は身長サプリなどで補うというのもひとつの方法です。

サプリなので効果はすぐに出ませんが体の環境が変わります。

 

そしてもうひとつ大切なのが習慣的に体を動かすことです。

運動することで成長ホルモンの分泌が促進され、体の成長が促進されます。

 

しかし、これもやはりほどほどにしておく必要があります。やり過ぎやよくありません。

あまり子供の頃から、体に極端な負荷をかけ筋力トレーニングなどに励むと身長が止まってしまう場合があります。

あくまでも適度な運動を心がけるべきで、筋肉ゴリゴリを目指すようなボディビルダーがやるような運動は避けた方がいいです。

特に全身の筋肉や骨を使う水泳のようなスポーツや、バスケットボールやバレーボールなどのジャンプすることで縦方向に身体を伸ばすスポーツは、

身長を伸ばす手助けをしてくれます。

あまり激しい運動は逆効果なので軽めのストレッチからはじめるといいかもしれません。

 

またしっかりと睡眠をとることも大事です。

昔から「寝る子は育つ」と言いますが、これは本当のことです。身長の伸びを促す成長ホルモンは、寝ている間に分泌されます。

特に夜の23時頃から2時ぐらいが成長ホルモンの分泌がピークを迎えるので、その時間帯に脳と身体をしっかりと休めて、質の良い睡眠を取るようにしたいものです。

なぜなら、しっかりと睡眠をとることで成長ホルモンの分泌が促進されるからです。できれば、毎日規則正しく夜の10時頃には寝てしまうのがオススメです。夜更かししたり、寝る時間が不規則になったりするのはよくありません。

以上のように、よく食べて運動し睡眠をしっかりとれば、成長期の中学生はどんどん大きくなれる可能性があります。

身長が伸びるかどうかは生活習慣だけでなく、親の遺伝なども関係するので、上記のことをやったからといって必ず身長が伸びるとは限りません。

しかし、よい生活習慣を若いうちに身につけておくことは大事です。

一般的に男子は中学生から高校生まで、女子は小学校の高学年から中学生ぐらいまでが成長期だと言われていますが、男性なら25歳ぐらい、女性なら22歳程度までまだ身長は伸びる可能性があるとされています。
ですから高校生はまだ成長期にあると言っても差し支えないでしょう。

これからまだ背を伸ばしたいという高校生は、手軽にできるこの3つの方法を是非試してみてはいかがでしょうか。

身長を伸ばしたいときに選ぶ2つの栄養の成分

コメントを残す