身長サプリによく入っているおすすめの栄養の成分はなに?

身長サプリのおもな主成分

身長サプリで実際に背が伸びる効果があるかどうか気になります。

シトルリン・アルギニンの効果とは

身長サプリは健康補助食品なので規制のきつい日本では海外で許可される成分も難しいようです。

例えば、リポビタンDなどの栄養ドリンクに含まれる有効成分「タウリン」もドラッグストアでしか購入できない「医薬部外品」

コンビニに販売されている栄養ドリンクは、許認可の関係で「清涼飲料水」のみとなりますので、日本で販売されるサプリも同様に効果が薄いもの

しかしながら、サプリに含まれている栄養素は健康補助食品ながら必要十分なものが多いので、普段の食事をカバーし、子どもたちの健康をサポートできるすばらしいものと言えましょう。

では、身長サプリによく含まれる栄養素を順にみていきましょう。

 

カルシウム

1日の必要量が100mg以上必要な主要ミネラル

骨、歯、筋肉、神経、血液全てに必要な成分

小魚、エビ、海藻、豆や乳製品からとれますが、乳製品からが一番吸収が良いです。

 

マグネシウム

1日の必要量が100mg以上必要な主要ミネラル

骨、歯に必要な成分の他エネルギー代謝や酵素の活性化に必要です。カルシウムと共に骨の重要な構成成分であり、ホルモン分泌などの働きにもなります。

大豆、ナッツ類のほか野菜にも多く含まれますが、アルコールやカフェインでマグネシウムは消費されてしまいます。

 

亜鉛

成長期の子どもに不足しがちなミネラル

タンパク質の合成に必要な成分で、細胞の生成、成長に関わります。

カキや豚レバーのほか納豆にも含まれます。

 

鉄分

血液の赤血球を作るミネラル

赤血球は、体のすみずみの細胞までに酸素を運んでくれます。

動物のレバーや貝類などに多く含まれます。

 

ビタミンB2

細胞の再生と成長を促進できるビタミンG(GROWTH)とも言われる成長ビタミン

動物のレバーや魚、卵、乳製品に多く含まれます。

 

ビタミンB6

タンパク質から各生理機能に必要なアミノ酸に分解する、ビタミンB2と同様に成長に必要なビタミン

動物のレバーやお米に多く含まれています。

 

ビタミンD

骨、歯、筋肉、神経、血液に必要なビタミン。カルシウムの吸収を高め骨にカルシウムを沈着させ、骨を成長させます。

魚やキノコ類に多く含まれます。

屋外で20分程度の日光にあたり紫外線を浴びても皮膚の下でビタミンDが合成されます。

 

これらの栄養をいちいち気をつけて意識していくのは非常に疲れます。

何事もやりすぎ、とりすぎはよくありませんので健康的な栄養のバランス、適切な食事量を心がけていけばよろしいのではないでしょうか。

身長を伸ばしたいときに選ぶ2つの栄養の成分

コメントを残す