タグ:アメリカの記事一覧

タグ:アメリカ
身長を伸ばせる手術は一体どんなものなのか?
身長を伸ばせる手術は一体どんなものなのか?

身長を伸ばす手術で解決できる?

 

自分の身長の低さに悩んでいるという方は実は多いといわれていますが、そんな身長の悩みが手術をすることによって解決する可能性があります。

 

ただし保険適用にはならないため、手術などにかかる費用は全て自費になります。身長を伸ばすことができる手術で伸ばせる限界は下腿5cm、上腿4cmの合計で9cmほどだと考えておくと良いでしょう。

 

どれだけ伸ばすかということは元々の足の長さや全体的なバランスを見ながら決めることになります。

 

 

身長を伸ばす手術の方法

 

手術の方法は2種類あり、イリザロフ法とISKD法です。まずイリザロフ法は人工的に骨を切って創外固定器をつけます。次に外から1日1mmずつ骨の隙間を広げていきます。

 

こうすると骨が自然治癒しようとして隙間が修復されます。こうして身長を伸ばすことが可能となるわけです。入院期間は手術後およそ2週間ほどですが、退院後も数か月の通院が必要です。

 

注意しなければいけないのは25%ほどの確率で感染症にかかる場合があるということです。

 

ISKD法は骨を切ってから外部操作によってのばすことができる器具を埋め込みます。その後、外部からコントローラーを使って器具についている磁石の力で骨を伸ばしていくという方法です。

 

こちらはアメリカで主に行なわれている手術方法で、イリザロフ法より器具をつけていなければいけない期間が短く、しかも感染症に感染する確率も低くなります。

 

手術は国内の病院か海外の病院で行なうことになりますが、国内はまだ身長を伸ばす手術を行なっているところが少なく、イリザロフ法で行なった場合の費用は735万円必要となります。

 

この手術に加えて髄内釘も利用する場合はさらに高額になり、1135万円ほど必要になるといわれています。海外の病院で行なう場合は国にもよりますが、安いところで100万円ほどで手術を受けることができます。

 

アメリカやドイツで手術を受ける場合の費用は日本で受ける場合とほとんど変わりません。

 

手術を検討するまえに、できるだけのことがあればやっておきたいですね。

 

 

ノビルンの評判

アメリカなどの海外での身長サプリはどう?
アメリカなどの海外での身長サプリはどう?

身長サプリはアメリカにもあるのか?

 

ご存じサプリの消費大国アメリカは日本よりも20年ほど前からサプリが発達しているサプリ先進国でもあります。

 

日本で医者にかかると健康保険法という法律で国民皆保険、つまり日本人なら医療にかかる場合は全額でなく1割から3割負担の費用で済むというものですが、アメリカの医療保険はとても高額なためにサプリでというスキームができています。

 

また、日本で医者にかかり薬をもらうとなると何種類もの症状に応じた薬をもらいますが、一般的にその薬は一つの症状につき、一つの薬。当たり前な話ですよね。

 

同じようにアメリカでも一つの症状に対し一つのサプリという考えなので、結局何種類ものサプリをとっていくという傾向があります。

 

 

身長サプリを国内で選ぶ基準

 

ここで、身長を伸ばしたいと思うとアルギニン、カルシウムやホルモン剤が有名ですが、アルギニン摂取だけでは背は伸びません。

 

それは、背が伸びるためには栄養もそうですが成長するための他の要因も大きいからです。

 

せめて成長期の栄養の充実を図るには、何種類ものサプリを選ぶか、たくさんの種類が含まれたバランスのよい栄養の成分配合が必要と思われます。

 

子どもの背を伸ばしたいときに検討する身長サプリとなると日本でも各社が競争するようにいろんな栄養を摂取できる方法として提案したサプリが販売されています。

 

各自の研究結果をともなった効果も結局、個人差が大きく関わってくるでしょう。

 

そこで、一体なんのサプリを選べばいいのかという相性問題となりますが、子どもの環境にあったサプリを選ぶとなると口コミで好評のサプリから試してみるのが一番でしょう。

 

切り口の異なる栄養なるべく多く含んだサプリとなると限られてきます。初めからピッタリのサプリを選べる可能性も多くはないです。

 

サプリを選ぶ基準は各メーカーの主張をよく考えて後悔しない選択をしたいものですね。

 

ノビルンの評判