タグ:成長期の記事一覧

タグ:成長期
毎日の食事からキチンと栄養をとるのに考えておきたい5つの栄養素
毎日の食事からキチンと栄養をとるのに考えておきたい5つの栄養素

毎日の栄養素を食事からキチンととれてますか?

 

人間が生きていくための一般的な5大栄養素とは、炭水化物・タンパク質・脂質の3つにミネラルとビタミンをあわせて合計5つの種類とされています。

 

さらに最近では食物繊維の重要さもわかっています。

 

その5つの栄養素は、カラダにとって3つの働きがあり

 

1.エネルギーとなるもの

 

2.カラダをつくるもの

 

3.カラダの調子を整えるもの

 

この3つのために私たちは口の中から栄養をとっているのですが、3つのバランスが大事と言われていますね。

 

普段からこの栄養バランスに気をつけて生活していけば健康が維持できるのですが、赤ちゃんから子供、そして大人になってからも年齢によって必要なバランスや量が変わってくるのはご存知など思います。

 

特に成長期の子供にとっては、安定した大人になってからの体とは違い、必要な栄養素が顕著に不足しがちになってしまいます。

 

 

成長期に、とっておきたい5つの栄養素

ノビルンで不足する栄養をサポートしよう

ここで、身長サプリで人気の「ノビルン」の図を見てみましょう。

 

小中学生から思春期の子どもにとってカルシウムやマグネシウムといったミネラルからアミノ酸から構成されるたんぱく質を大人より徹底的にたくさんとらなければなりません。

 

牛乳嫌いやあまりご飯を食べない少食、そしてお菓子ばかり食べている偏食ばかりでは子どもの栄養バランスがすごく心配。

 

大豆や豆腐に野菜、肉類や魚などたくさんの種類のものからバランスよく栄養をとらなければなりません。

 

毎日の献立で、これだけの種類と量を取らせてあげるのは難しいですから、管理栄養士の提唱するメニューでなく食べ物のほかに栄養サプリで普段の食事をサポートしてあげられてるとママも安心ですよね。

 

では成長に必要な5つの栄養素を順番にみていきましょう。

 

ボーンペップ

 

卵をたくさん食べればボーンペップを多く取れますが、コレステロールなどの過剰摂取でおすすめできません。

 

骨の成長にカルシウムと深い密接関係があります。・・・カルシウムと是非一緒にとりたい注目のアミノ酸

 

カルシウム

 

骨や歯を成長・強化し、骨密度をあげるほか筋肉の機能も調節・・・10代からは1日1000mgほどの摂取量が必要

 

マグネシウム

 

神経・筋肉・ホルモン分泌をコントロール・・・12歳ぐらいから豆や海藻を多めに摂りたい

 

亜鉛

 

細胞の生成・成長を促す・・・成長期やストレスがかかると不足します

 

タンパク質

 

体内で合成や分解を繰り返し生理機能に関わります。

 

ボーンペップをはじめコラーゲン、オルニチン、シトルリンなど独自の生理機能をもったアミノ酸が必要

 

ビタミン

 

他の栄養分と違い、体の機能のサポート役・・・骨の形成促進のビタミンD・ビタミンK、ホルモン分泌促進のビタミンB6

 

なかでもビタミンDは、カルシウムの吸収を手伝う大事なもの、栄養がバランスよくないと成長が不安定になります。

 

 

必要な栄養素を取っていきたいまとめ

 

成長期の間に、食事からバランスよく安定して取らせてあげるには、毎日の献立作りが大変。しかも料理の勉強も面倒なところ。

 

だから、効率的にじゅうぶんな栄養を摂っていくなら、やはり自分にあったサプリメントで不足しがちな栄養をカバーしていく方がお手軽で簡単でしょう。

 

 

ノビルンの評判

子供にプチ断食させると身長が伸びるってホント?
子供にプチ断食させると身長が伸びるってホント?

プチ断食で子供の背が伸びる?

 

子供が身長を伸ばすためにはバランスの良い栄養と適度な運動、そして睡眠が大切です。

 

子供の場合は断食をすると成長に必要な栄養が足りなくなってしまうことが考えられるのであまり勧めることはできません。

 

子供の場合は断食をするよりも必要な栄養素を食事でどんどん補給してあげることの方が効果が高いといえます。

 

 

成長期までが背を伸ばすチャンス

 

成長期が終わってしまった大人の場合では、断食をすることで身長が伸びるなどの効果がでてくる場合があるのです。

 

メカニズムとしては、断食をして空腹の状態になると身体の中から糖分など必要な栄養素が少なくなっていきます。

 

特に脳は糖分をエネルギーにしていますから、糖分をなんとか補給しようとするのです。

 

そうすると肝臓でグルコースという糖分の変わりになる成分が分泌されます。この時に一緒に成長ホルモンも作られるのです。

 

 

断食で分泌される成長ホルモンが背を伸ばす

 

成長ホルモンには、細胞を成長させる効果が期待できるので、たくさん分泌されると身長を伸ばすことにつながるかもしれないのです。

 

さらに成長ホルモンにはいろいろな効果が期待できます。

 

細胞を活性化させる効果も期待できるので、疲労の回復や脂肪を分解する働き、免疫力が上がったり代謝が良くなったりと健康的な身体作りとアンチエイジングなどにも繋がっていくのです。

 

このように多少の空腹感というのは健康に様々な恩恵を与えてくれます。

 

もちろん断食をし過ぎてしまうと身体に必要な栄養素を補給することができなくなってしまいますので、やり過ぎなどには注意が必要です。

 

いつも満腹までご飯を食べてしまうのも成長ホルモンの分泌を妨げてしまうので、適度に空腹の状態を作るためにたまに断食してみるとよいのではないでしょうか。

 

また、成長ホルモンは肝臓で作られますので、ご飯を抜くだけでなく、お酒を控えるなどして肝臓をいたわってあげることも大切です。

 

成長ホルモンがたくさん分泌されれば、成長が止まってからでも身長が伸びる可能性があるのです。

 

ノビルンの評判

身長の伸びやすい年齢はいつか?そしていつまで伸びるかを調べました
身長の伸びやすい年齢はいつか?そしていつまで伸びるかを調べました

身長はいつまで身長が伸びるのか?

 

身長は何歳まで伸びるのか知りたいのなら、年齢別にどれくらい伸びるのかみてみましょう。

 

年齢

男子 平均身長

女子 平均身長

1歳

75cm

73.4cm

2歳

85.4cm

+10.4

84.3cm

+10.9

3歳

93.3cm

+7.9

92.2cm

+7.9

4歳

100.2cm

+6.9

99.5cm

+7.3

5歳

106.7cm

+6.5

106.2cm

+6.7

6歳

113.3cm

+6.6

112.7cm

+6.5

7歳

119.6cm

+6.3

118.8cm

+6.1

8歳

125.3cm

+5.7

124.6cm

+5.8

9歳

130.9cm

+5.6

130.5cm

+5.9

10歳

136.4cm

+5.5

136.9cm

+6.4

11歳

142.2cm

+5.8

143.7cm

+6.8

12歳

149.1cm

+6.9

149.6cm

+5.9

13歳

156.5cm

+7.4

153.6cm

+4.0

14歳

162.8cm

+6.3

156cm

+2.4

15歳

167.1cm

+4.3

157.1cm

+1.1

16歳

169.4cm

+2.3

157.5cm

+0.4

17歳

170.5cm

+1.1

157.9cm

+0.4

18歳

170.9cm

+0.4

158.48cm

+0.53

19歳

171.6cm

+0.7

158.69cm

+0.21

20歳~24歳

172.26cm

+1.3

158.45cm

-0.24

25歳~29歳

172.09cm

-0.17

158.91cm

+0.46

30歳~34歳

171.6cm

-0.46

158.83cm

-0.8

35歳~39歳

171.92cm

-0.32

158.61cm

-0.22

40歳~44歳

171.13cm

-0.79

158.10cm

-0.51

45歳~49歳

170.61cm

-0.52

157.35cm

-0.75

50歳~54歳

169.51cm

-1.551

156.38cm

-0.03

55歳~59歳

167.88cm

-1.63

154.96cm

-1.42

 

一覧表を見てみると

 

男子は、2歳から7歳までのいわゆる一次成長期、12歳から17歳までの2次成長期

 

女子は、2歳から7歳までのいわゆる一次成長期、10歳から15歳くらいまでの2次成長期

 

が特に身長が伸びる時期となっており男女では、伸び方が違いがあるということが分かります。

 

女子の場合、思春期になってくると女性ホルモンのエストロゲンが分泌され、身長を伸ばす成長ホルモンも促進されてきます。

 

しかしエストロゲンは骨を伸ばす骨端線を閉じていこうという作用もあるのです。

 

男子の場合でも、思春期の終わりころに男性ホルモンのテストステロンの分泌量が増えてくると、少しずつエストロゲン分泌の量も増え、骨端線が閉じていきます。

 

この骨端線は、閉じてしまうともう骨は伸びなくなります。

 

男子も女子も思春期が遅いほど身長が伸びやすいといわれるのはこのためです。

 

 

骨端線とはなんなのか?

 

 

骨端線とは、骨の先端までいかないちょっと手前の骨端と骨幹といわれる間にあり、骨端軟骨という他の骨よりもやわらかい軟骨です。

 

レントゲン写真を撮ってみると、この軟骨部が黒く線状に映るので骨端線ともいわれます。硬くなるとこの骨端線が映らなくなり、ほかの骨と同様に白くなってしまいます。

 

 

骨端線の働きとは?

 

骨端線の働きは「骨をつくる活動」をしています。

 

骨端軟骨を成長させるには、材料であるタンパク質のコラーゲン、そしてミネラルのカルシウムとマグネシウムなどが作用し、硬い骨へとができあがっていくのです。

 

ですから、コラーゲンの材料となるタンパク質、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも含まれる食事を積極的にとっていきたいものです。

 

 

ノビルンの評判

背が高くなる運動、スポーツはなにがおすすめなのか?
背が高くなる運動、スポーツはなにがおすすめなのか?

身長によいスポーツとは

 

子供を健やかに育てていくためには普段の生活をきちんとサポートしなくてはなりません。

 

親から子へと身長を伸ばすために干渉できる事は食事等の栄養素の摂取、たくさんの睡眠が挙げられますが、運動も大変重要な事として挙げられます。

 

特に、近年では身の回りにゲーム機やスマフォが浸透しているため、大人も子供も運動する機会も減っておりますます背を伸ばす適切な体内環境を整える事が難しくなっています。

 

 

背が伸びやすいスポーツはあるのか?

 

子どもが成長期に、身体を動かして体に刺激を与えることは、背を伸ばす方法としてとても大事なこと

 

運動の他に睡眠と栄養素も必要です。

 

運動をすれば、成長ホルモン分泌の活発化と、骨の軟骨部や筋肉に刺激を与えられます。
さらに骨に対しては、縦方向に刺激を与える適度な運動が望ましいのです。

 

ですから部活でバスケやバレーのスポーツをしていれば、背が伸びやすい効果があるわけではありません。

 

部活でどのスポーツをすればいいのかは特になく、他の要因が関わってきます。

 

あくまで、縦方向に刺激を与える適度な運動という点で、全身を使ったスポーツが、体全身の骨に多くの刺激を与えられ、成長ホルモンの分泌によって骨が伸びていきます。

 

部活で選手になり活躍させていきたいならば、なおさら気を使いたいもの。

日光を浴びるとビタミンDもできるので屋外で運動するのもいいものでしょう。

 

 

成長期にオススメできない運動

 

 

 

・極端に筋力を付けるための過度の筋トレ

・極度の疲労をともなう運動

 

 

成長期で気をつける点は、何事にも当てはまりますが、バランスよく、適度の量をし体全身に刺激を与えていくことが大事です。

 

スポーツの得手不得手は、他に運動神経や個人のセンスの差もあるので興味があり、やりたいスポーツを続けさえるといいでしょう。

 

やりたくないスポーツで多くのストレスを感じるのであれば、逆にマイナスとなってしまいます。逆に体をほぐす程度のストレッチがおすすめとなるでしょう。

 

 

身長を伸ばしたときのおすすめストレッチ

 

運動をする上で一番重要なのは最初から子供の体に負荷を与えすぎないという事が重要です。

 

運動を意図的に促す場合には、最初は筋肉のつきにくいストレッチの様な軽めのメニューがおすすめです。

 

例えばタブレットやスマフォに目を落とす事が増えているため背骨を丸めてしまう子供がいますが、これは子供の発育上大変良くないので背伸びをして適度に体のコリをほぐすようにしてください。

 

おすすめのストレッチ1

 

 

背骨と大きく干渉している腕のコリに関しても解消する必要があるので、両手を組み後ろに伸ばすようにしてストレッチを行ってください。

 

注意点としてこのストレッチを行う時には背骨を丸めるような姿勢を保たない事が重要で、胸を張る様にして腕を後ろに伸ばしてください。

 

継続時間としては30秒を目安としゆっくり伸ばすようにすると、身長を伸ばすための体内環境が整いやすくなるので子どもにストレッチを促す時には姿勢に注目してあげるようにしてください。

 

 

おすすめのストレッチ2

 

 

キャットバックというストレッチでこれは四つん這いになり、上体を反らすようにして背骨を伸ばすストレッチを行う事で上体全体のコリをほぐす事ができるのです。

 

ポイントとしては天井を見るようにして上体を反らす事で最初はつらく感じるかもしれませんが、ゆっくり10回できるようにお子さんと一緒にやる事をお勧めします。

 

 

おすすめのストレッチ3

 

 

下半身のストレッチで、これは立膝のポーズを基本としてそこから腿の部分を伸ばすような運動を両方の足で行います。

 

その後に片方の足を曲げ片方の足を延ばすような座り方をして下半身全体を使った運動を行って終了です。

 

継続的に行うには親子で揃ってやる事が一番なので、子供の成長のためにも今日から実践してみる事をお勧めします。

 

 

寝る前にでもストレッチをする習慣がつけば、成長ホルモンの分泌やカルシウムばかり目が行ってた成長期の子どもにも効果があるかもしれません。

 

子どもの背を伸ばすためにしてあげたいことはたくさんありますよね。

 

ノビルンの評判