タグ:マグネシウムの記事一覧

タグ:マグネシウム
毎日の食事からキチンと栄養をとるのに考えておきたい5つの栄養素
毎日の食事からキチンと栄養をとるのに考えておきたい5つの栄養素

毎日の栄養素を食事からキチンととれてますか?

 

人間が生きていくための一般的な5大栄養素とは、炭水化物・タンパク質・脂質の3つにミネラルとビタミンをあわせて合計5つの種類とされています。

 

さらに最近では食物繊維の重要さもわかっています。

 

その5つの栄養素は、カラダにとって3つの働きがあり

 

1.エネルギーとなるもの

 

2.カラダをつくるもの

 

3.カラダの調子を整えるもの

 

この3つのために私たちは口の中から栄養をとっているのですが、3つのバランスが大事と言われていますね。

 

普段からこの栄養バランスに気をつけて生活していけば健康が維持できるのですが、赤ちゃんから子供、そして大人になってからも年齢によって必要なバランスや量が変わってくるのはご存知など思います。

 

特に成長期の子供にとっては、安定した大人になってからの体とは違い、必要な栄養素が顕著に不足しがちになってしまいます。

 

 

成長期に、とっておきたい5つの栄養素

ノビルンで不足する栄養をサポートしよう

ここで、身長サプリで人気の「ノビルン」の図を見てみましょう。

 

小中学生から思春期の子どもにとってカルシウムやマグネシウムといったミネラルからアミノ酸から構成されるたんぱく質を大人より徹底的にたくさんとらなければなりません。

 

牛乳嫌いやあまりご飯を食べない少食、そしてお菓子ばかり食べている偏食ばかりでは子どもの栄養バランスがすごく心配。

 

大豆や豆腐に野菜、肉類や魚などたくさんの種類のものからバランスよく栄養をとらなければなりません。

 

毎日の献立で、これだけの種類と量を取らせてあげるのは難しいですから、管理栄養士の提唱するメニューでなく食べ物のほかに栄養サプリで普段の食事をサポートしてあげられてるとママも安心ですよね。

 

では成長に必要な5つの栄養素を順番にみていきましょう。

 

ボーンペップ

 

卵をたくさん食べればボーンペップを多く取れますが、コレステロールなどの過剰摂取でおすすめできません。

 

骨の成長にカルシウムと深い密接関係があります。・・・カルシウムと是非一緒にとりたい注目のアミノ酸

 

カルシウム

 

骨や歯を成長・強化し、骨密度をあげるほか筋肉の機能も調節・・・10代からは1日1000mgほどの摂取量が必要

 

マグネシウム

 

神経・筋肉・ホルモン分泌をコントロール・・・12歳ぐらいから豆や海藻を多めに摂りたい

 

亜鉛

 

細胞の生成・成長を促す・・・成長期やストレスがかかると不足します

 

タンパク質

 

体内で合成や分解を繰り返し生理機能に関わります。

 

ボーンペップをはじめコラーゲン、オルニチン、シトルリンなど独自の生理機能をもったアミノ酸が必要

 

ビタミン

 

他の栄養分と違い、体の機能のサポート役・・・骨の形成促進のビタミンD・ビタミンK、ホルモン分泌促進のビタミンB6

 

なかでもビタミンDは、カルシウムの吸収を手伝う大事なもの、栄養がバランスよくないと成長が不安定になります。

 

 

必要な栄養素を取っていきたいまとめ

 

成長期の間に、食事からバランスよく安定して取らせてあげるには、毎日の献立作りが大変。しかも料理の勉強も面倒なところ。

 

だから、効率的にじゅうぶんな栄養を摂っていくなら、やはり自分にあったサプリメントで不足しがちな栄養をカバーしていく方がお手軽で簡単でしょう。

 

 

ノビルンの評判

身長を伸ばしたいとき意外に知られていないおすすめのおやつ
身長を伸ばしたいとき意外に知られていないおすすめのおやつ

身長を上げたい時のおすすめおやつ

 

ふだん子供におやつをあげているとき、何をあげればいいのか?

 

子供達は、もちろんお菓子が大好きです。

 

そんな中で食事の栄養をカバーできるものがあったら進んであげたいですよね。

ここでおやつについて調べてみました。

 

 

子供たちの好きなおやつをピックアップ

 

チョコレート

 

チョコレートは、食べ過ぎると虫歯になったり肥満になりそうなイメージでなんとなくあげたくないお菓子です。

 

しかし、主成分のカカオには「カルシウム」、「鉄分」、「マグネシウム」、「亜鉛」などのミネラルがバランスよく含まれており栄養価が高いお菓子なのです。

そして含まれているポリフェノールもストレス解消できリラックス効果があります。

また、チョコレートはカロリーが高いのですが脂肪分解酵素も入っており、太りにくいことも分かっています。

 

問題点は砂糖の量です。とりすぎると血糖値があがるので、インスリン分泌により成長ホルモンが抑えられますので、やはり食べすぎには注意しなくてはいけません。

 

 

ポップコーン

 

大人も大好きなスナック菓子の一つですが、ポテトチップスなどに比べてカロリーが低いのです。

 

もともとトウモロコシからできているので、タンパク質やミネラルも豊富にありおすすめですが、食べ過ぎると塩分の取りすぎになるので注意が必要です。

 

 

ミックスナッツ

 

チョコの成分に似ていますが、タンパク質や「亜鉛」、「マグネシウム」、「カリウム」、「鉄分」などのミネラルが豊富に入っています。

 

よくチョコやナッツを食べると鼻血が出るような噂も聞きますが、医学的に出ないようです。

ただし、油成分が多いので高カロリーのためあまり食べ過ぎないように注意が必要です。

 

 

バナナ

 

手軽に皮をむいて食べられる果物で、ほのかに甘くやわらかな食感から子どもたちからも大人気です。

 

栄養もすばらしく、タンパク質や「マグネシウム」、「カリウム」のミネラルを含んでいながら低カロリーなおやつです。

 

 

マシュマロ

 

ゼラチン質でできたマシュマロは元来「薬」でした。ゼラチン質は体内に入るとコラーゲンとして吸収され、骨の軟骨の材料にもなるのでおすすめです。

美容や健康にもよいすぐれたおやつといえます。

 

 

チーズ

 

牛乳などの乳製品に含まれるカルシウムは、一般的に小魚などに含まれるカルシウムより吸収率が多いとされています。

 

良質なタンパク質とカルシウムをバランスよく摂れるおすすめのおやつ。牛乳でお腹が緩くなってしまう子どもにはチーズやヨーグルトなどの加工品がいいですね。

 

 

子供の成長にあまりよくないおやつとは

 

スナック菓子

 

大人も大好きなスナック菓子ですが、こちらのおやつは子供にはあまりおすすめできません。

 

合成保存料含まないとあっても、結着剤・乳化剤・酸味料・ph調整剤の用途で使われるオルトリン酸塩が、体内でのカルシウムの吸収を妨げる働きがあります。

また、カロリーが多く肥満のもとになり、肥満になると成長ホルモンの分泌が悪くなります。

 

スナック菓子をあげても、ほどほどにしなくてはいけませんね。

 

ノビルンの評判