タグ:運動の記事一覧

タグ:運動
子供の身長を伸ばしたい!今すぐ実践できる3つのポイント
子供の身長を伸ばしたい!今すぐ実践できる3つのポイント

子どもの身長を伸ばしたい

親が子供に願う思い、「ちゃんとした大人に成長していってほしい。」

 

小さい頃から子どもはどんなだったでしょうか?母親が悩みところは昔からこの子はこうだったから仕方ない・・・。

 

生活環境での悪影響を直してみると、これまでの悩みが嘘のようにすぐに背が伸びて周りの同級生と同じくらいの背になることもあります。

 

身長の遺伝の影響は20~30%といわれ、身長を伸ばすには遺伝以外の要素が大きいと言われているけど我が家の子どもにはちゃんと順調に成長していってほしい。

 

中学生や高校生になるまでにある程度、周りのお友達と同じくらいの平均の身長にしてあげたいですよね。

 

大人になってしまうともう背は伸びなくなりますからね。

 

 

身長を伸ばしたいなら睡眠・運動・食事を変えること!

 

背がなかなか伸びないと悩んでいるなら、まずは子供の生活リズムを見直してみませんか?

 

悩みが大きいほど積極的に生活を変えていくことが大切

 

でなければ、このまま変わらず背を伸ばせる可能性が少なくなってしまいます。

 

 

身長を伸ばすために今すぐ実践できる3つのポイント

背を伸ばすポイント

 

1.見直したい生活環境、睡眠時間は足りてますか?

 

子どもの早寝早起きは子どもの健康と成長に大きく関わっていくものです。

 

しかし子どものわがままをいつまでも聞いていると時間を気にせずに自分のやりたいように行動してしまいがち。

 

ここで朝はきちんと同じ時間に起こしてあげて夜は早めに寝かせること。夜10時から深夜2時までに成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムとも言われるからです。

 

寝始めてから1時間程度経ったレム睡眠状態からの約4時間がちょうどいいのです。

 

ちなみに、お昼寝を1時間ぐらいしても、レム睡眠状態にならないのでホルモン分泌の期待は薄いです。

 

また、子どもの頃はよく寝返りをします。寝返りは体全体の機能をまんべんなく整えるためのとても大事な行動でもあります。

 

ぐっすり寝られるように高反発マットレス(がおすすめ)を敷いてあげて、寝返りが楽にできるようになればベター。

 

睡眠時間は成長ホルモン分泌がさかんに行われ大事な時間です。

 

成長期には、レム睡眠状態を快適にとれるような生活リズムを工夫してみてください。成長ホルモン分泌がさかんに行われれば身長の伸びにもよくなるでしょう。

 

身長を伸ばす方法として当たり前のことですが、キチンとできているでしょうか?

2.十分な運動も身長を伸ばすために必要

 

身長を伸ばしたいなら適度な運動も大事です。適度というのは、運動をしすぎてしまうとかえって体の筋肉や骨の軟骨部を痛めてしまうので逆効果となるからです。

 

あくまで、体全体への刺激を与え続けられる程度がよく、ストレッチや縦への刺激を与えられる運動もいいでしょう。

 

部活などで体を動かして筋肉を鍛えたり骨に刺激のあるような軽い運動により、筋肉と骨の成長が促されていきます。

 

運動することによっても成長ホルモンの分泌を促されるのです。

 

そして、控えていきたいのは肥満です。

 

肥満になると男性ホルモン、女性ホルモンの分泌が早まり成長期の期間が短くなる恐れがあります。

 

背をのばしたいなら肥満には注意したいものです。

 

また、1日15分以上の日光浴で肌からカルシウムと相性のよいビタミンDが生成されますので、天気の良い日は積極的に外で遊ばせるようにしたほうが効果がいいですね。

 

 

 

3.成長ホルモン分泌をもっと多くさせるための食事を

 

成長期となれば、たくさんの栄養の種類と量をより多く摂らなければいけません。

 

一般的に動物は、口から食事をし栄養を取り込んで吸収して体の生命を維持しています。

また栄養素は体の中でつくられるものもあるのですが、その多くは体外から取り入れます。

 

食事からとる栄養として、エネルギーを多く含む炭水化物のほかにタンパク質を構成するアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどをバランスよくとっていかなければならないことでしょう。

 

ここで可愛さあまりに、子どものわがままどおりのものばかりを食べさせたり、お菓子ばかりと偏った食事をさせていくとしっかりとした成長が見込めないことは目に見えています。

 

糖類や炭水化物ばかりだと肥満などかえって健康に悪い状態となります。

 

子どもの成長に大事な時期には、必要な成分をいかに効率よく取らせてあげられないかということ考えていきたいものですね。

 

まとめ

 

このように食事は、親として最大限にサポートできる要素となります。

 

栄養の摂り方、食事構成を変えれば、背が伸びるための体の環境は大きく変わるからです。

 

手遅れになる前に背を伸ばすのに良いといわれる栄養を多く摂り、子供の背がもっと大きくなる可能性に挑戦しましょう!

 

ぜひ、身長を伸ばすためにも成長サプリというものを活用したいですね。

 

サプリなら副作用も少なく、体の中へ成長に必要な栄養を効率良く取れるので口コミをみながらどんなサプリを選べばいいのか検討してみてください。

 

市販や薬局ではなかなか販売されていないので、ネットで信頼できるところを探すがおすすめです。

 

ノビルンの評判

身長の伸びが止まってしまったときに知っておきたいこと
身長の伸びが止まってしまったときに知っておきたいこと

身長がもしかして止まってしまった?

身長が高ければ、スタイルが良くなって異性にモテるし、運動をするときにも有利です。

 

シンプルには、高いところに置いたものにも手が届きます。

 

だから、子どもが成長期になって背が伸び始めたら、体を作るのに良い食べ物を与えたり、背が伸びそうな運動をさせて睡眠も十分に摂らせて理想の身長にさせようという親もいるのです。

 

高校に入って男子なら野球やサッカーなどの部活や運動で、プロテインなど購入してそこそこ身長は伸びていたかもしれません。

 

しかし、身長はいつまでも伸びるものではありません。

 

 

身長を伸ばすにはカルシウムだけとってもダメ!

 

カルシウムだけで身長は伸びない

 

身長アップに必要な栄養はカルシウムだけでない?

 

 

身長は主に成長期に伸びます。小学校高学年から中学生の頃にかけて、男性の身長は最も大きく変化します。

 

 

しかし、その頃に十分なカルシウムを摂取しなければ、本人の遺伝子に高身長のポテンシャルがあったとしても、実際には伸び悩みます。

 

 

カルシウムは牛乳やチーズといった乳製品に多く含まれています。

 

 

 

乳製品を普段からよく食べている方は特に気を使う必要はありませんが、一方で体質的に牛乳やヨーグルトやチーズ等を苦手にしている方々は慢性的に不足しがちです。

また身長を伸ばすための栄養素はカルシウムだけではありません。

 

マグネシウムや鉄分などのミネラル、そしてビタミンといった栄養素もバランス良く摂取しなければ、身長は効率良く伸びません。

 

よく子どもの身長を伸ばすために、牛乳やチーズだけを大量に買い与える保護者の方々がいらっしゃいます。

 

 

骨の成長にはカルシウムが欠かせませんが、それだけでは効率的な身長アップは出来ません。

 

 

身長を伸ばしたいときに取りたいミネラルとは

 

身長がなかなか伸びなくて牛乳などを飲みカルシウムをたくさん摂ると同時にマグネシウムや鉄分、ビタミンの摂取が不可欠であり、乳製品に加えて緑黄色野菜や根菜、そして新鮮なフルーツ類の摂取も大事です。

 

なかなか効きなれないミネラルは非鉄金属でなじみがないのですが、体内での非鉄金属は不思議といろいろな効果があるようで、人間が生きていくために不可欠なものが多く村債します。

 

マグネシウムや鉄分、そしてビタミンは主に野菜類や果実類から摂取する栄養素であり、いわゆる野菜嫌いの子供たちは慢性的に不足しやすいため、要注意です。

 

最近ではマグネシウムや鉄分、ビタミンにそれぞれ便利なサプリメントが用意されています。

 

ミネラルをとるには野菜がミネラルが豊富でよいとされています。

しかし、昔に比べて野菜に含まれるミネラルは減少していのが現実ですが、それでもまだ野菜を食べないよりはましです。

 

 

野菜嫌いの子供たちならなおさらですね。

 

ミネラル成分の栄養をサポートしたいなら、普段の食材そのものだけではなく、サプリメントを活用してみるのもオススメです。

 

身長が平均ぐらいにまで届いたのであれば、ひとまず安心ですが人によっては平均よりもかなり低い身長で止まってしまう時期もあります。

 

なぜ、身長が止まってしまうのかということを知るためには、身長が伸びるメカニズムを理解しなければいけません。

 

 

身長が止まった証拠がわかる伸びるメカニズムとは

 

 

鍵となるのは骨端線というもの。

 

骨端線というのは骨の端っこにある軟骨と骨との境目で、レントゲン画像で見ると骨を横切る一本の線のところです。

 

この骨端線の周辺では軟骨細胞が分裂をして伸びていき骨へと変化します。

 

手足が伸びていくのです。細胞分裂を繰り返していくと、徐々に骨と軟骨の隙間が埋まっていき、最終的には骨端線のない一本の骨となります。

 

つまり、骨端線がなくなったときが身長が止まるときなのです。

 

いつ骨端線が無くなるのは個人差がありますが、男性では高校生くらいで、女性は中学生から高校生になる時期が平均的な年頃です。

 

もちろん、個人差があるわけですから、なかには20代であっても身長が伸びることもあります。

 

まだ、完全に骨端線が閉じていないならば、カルシウムなどの骨を作るために必要な栄養素を摂取して、適度な睡眠や運動をして成長ホルモンの分泌を促すことで、一度は止まった身長が伸びる可能性があるのです。

 

 

身長が止まるサインがある?

 

身長がもう伸びなくなるときのサインはいくつかあります。

 

男子

・体毛が生えてきた

・体つきがガッシリしてきた

・声変わりが終わった

 

女子

・体毛が生えてきた

・体つきが丸みを帯び胸も出てきた

・生理が始まった

 

そうです、思春期というものが始まってしばらくすると骨端線が閉じていきます。

大体は、中学生や高校生でこの思春期が始まっていきますよね。

 

個人差があるのですが、思春期の始まりが遅ければそれだけ身長が伸びる期間が長くなりますので、身長の伸びだけをみると有利になります。

 

思春期を終わらないための工夫としてはいくつか方法があります。

 

・睡眠時間を増やして起きている時間を減らす

・筋肉がつかないよう極度の運動をしない

・肥満に気をつける

・たばこを吸わない

 

などなど裏技的なものもありますが、普段の生活ではよほど気をつけないとなかなか難しいものもありますよね。

 

 

骨端線が閉じてしまったかどうか知りたい

 

骨端線は閉じてしまうと骨は伸びなくなり、身長も伸びなくなります。

閉じてしまってからいろいろと工夫しても残念ながら骨は伸びません。

 

ここでどうやったら閉じているかどうかの確認できるのかなのですが簡単です。

 

小児科や整形外科などの医者に行って骨のレントゲンを撮ってもらうこと

 

骨の関節に近い部分に線が入っているかどうかだけです。なければ身長が止まった証拠となってしまいます。

 

もし身長が止まったけれども、理想的な高さには届かないということで、かなり強引な方法ですが、骨を切って自然治癒させ伸ばすという方法があります。

 

この方法は、完全に身長が止まった大人にならないと出来ないことですし、手術をしてくれる病院もそう多くはなく費用も高額です。

 

誰でも出来る方法というわけではありませんのであまりおすすめできませんね。

 

 

ノビルンの評判